エンジニアにおすすめの机!開発環境を充実させよう!

開発環境を整えるのは、エンジニアにとってとても重要です。集中力が上がるような環境にすることも当然ですが、疲れにくい机を用意することが大切になってきます。

エンジニアにとって一番使う机のおすすめのものを紹介します。

目次

デスク環境が作業効率に影響する

エンジニアの机

エンジニアのデスク環境は、作業効率に影響します。「仕事に集中する」と意思をもって仕事をすることも当然大切ですが、環境を整えて行動する方が効果的です。エンジニアは、集中力がとても大切なのでデスク環境に気を配る必要があります。エンジニアにとってデスク環境が作業効率に影響する理由を解説します。

理由

  • 時間が節約できる
  • 集中力が上がる
  • 長時間の作業でも疲れにくい

影響する理由①:時間が節約できる

デスク環境を整えると時間が節約できるようになります。整理整頓をしておくことで、探しものをする必要がなくなるので、「探すという時間」が節約できます。「ペンがない」「書類がない」と探している間に時間は少しでも経ってしまいます。必要なものの場所がすぐに分かる場所であれば無駄な時間はかかりません。

影響する理由②:集中力が上がる

環境を整えることで集中力が上がります。仕事に関係ないものが視界に入らないので、作業以外のことに気を取られることがなくなるので、集中力が上がりやすくなります。余計な物が多くあるデスクでは気が散ってしまうので、集中できません。目から入る情報が多くなると、頭の中を整理することも大変になるので、できるだけ整理整頓された環境にしましょう。

影響する理由③:長時間の作業でも疲れにくい

デスク環境を整えることで、長時間の作業でも疲れにくくなります。整理されていない机で作業をすると、気持ちも頭もスッキリしない傾向にあり、心が落ち着かず集中できない可能性があります。常に何かに終われているような感覚にもなるので、疲労感を感じやすくなってしまいます。改めて自分の作業環境を整えることで、集中しやすくなり長時間の作業でも疲れにくくなります。

整理整頓のコツ

整理整頓のコツを紹介します。デスクを買い替えるのであっても、整理整頓するのであっても、今ある環境を見直すことも大切です。整理整頓をするコツを紹介します。

整理整頓のコツ

  • 物を減らす
  • 物の置き場所を決める
  • 定期的に整理整頓する

物を減らす

まず第一に「物を減らすこと」が大切です。デスク上にあるものは「毎日絶対に使うもの」かどうかで判断をしましょう。棚の中に整理したり、完全に不要なものは処分してください。物を処分するだけでもスッキリします。必要な物だけを残したら次のステップに進みましょう。

物の置き場所を決める

第二に「物の置き場所を決める」ところまで進みましょう。定位置を決めておくことで、使いたい時に出し入れしやすくなるのでおすすめです。使う頻度の高いものなどの最低限のアイテムを置くようにして集中しやすい環境を整えましょう。「探す時間」を減らすための工夫です。

定期的に整理整頓する

定期的に整理整頓をしましょう。時間が経つといつの間にか机周りは汚れてしまい集中力が欠けやすくなってしまいます。快適な環境を維持するために、定期的に整理整頓を心がけるようにしましょう。物の有無の把握ができることで、作業効率低下を防げます。

スタイルに合わせて選ぶおすすめデスク

エンジニアにとって、どんな机がおすすめなのかと考えた時、一般的には「座ったスタイル」で仕事をすることと思います。でも、人によっては「立ったまま」仕事をすることで捗る人もいるかもしれません。ここでは、自分の仕事スタイルに合わせたデスクを紹介します。

自分のスタイルに合わせてデスクを選びましょう。

  • 椅子に座るスタイル
  • 床に座るスタイル
  • スタンディングスタイル
  • 運動しながら作業するスタイル

詳しく解説していきます。

椅子に座るスタイルにオススメのデスク

椅子に座るスタイルは一般的です。床に座るスタイルよりも眠くなりにくくスタンディングスタイルよりも疲れにくい特徴があります。馴染みのあるスタイルなので、自然とこのスタイルに落ち着くかと思います。

L字デスクなどは、スペースを効率的に広く使えるので、モニターを複数置くことが可能となります。

床に座るスタイルにオススメのデスク

テレワークが多くなってきた今、3割程度の人が床に座るスタイルで仕事をしているようです。昇降式スタイルであったり、座椅子で使えるような机を選びましょう。

寝転がってしまう可能性があるので、床に座るスタイルで仕事しない人が多くいるかと思います。気分転換になるので、たまには床に座って仕事をしてみるのも良いかもしれません。

スタンディングスタイルにオススメのデスク

立ったまま仕事をするとアイデアが浮かぶ人などもいるので、スタンディングスタイルで仕事をする人もいます。ただ、ずっと立ったままでは大変なので体力のある人におすすめのスタイルかもしれません。

昇降スタイルのもの、固定式のものと様々あります。自分が仕事しやすい種類で選びましょう。

運動しながら作業するスタイルにオススメのデスク

運動をしながら作業ができるデスクもあります。健康ブームがある中で、運動不足になりやすい在宅ワーカーにとって、自転車で運動できるデスクなどはおすすめです。

毎日続けられたら良いですが、中々毎日続けることは難しいかもしれません。そんな時こそ、運動しながら作業できるデスクを選びましょう。

まとめ:自分に合う机で、開発環境を充実させましょう。

エンジニアは、デスク環境を快適にすることで、作業効率が飛躍的に上がります。快適な開発環境・作業環境を整えることで、仕事量・スピードが上がるということは、疲れにくくなるのでおすすめです。

自分にとって仕事がしやすい環境を整えるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる