DX化とは?DX化のメリットと事例を紹介【DX人材は不足している】

「DX化が話題になっているが、よくわからない」

「DX化を成功した事例やメリットはあるのだろうか」

この記事では、DX化のメリットを成功事例と共に紹介したいと思います。

DX化の理解に欠かせない基本事項から丁寧に解説しているので、最後まで読んでくださいね。

目次

DX化とは

デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)とは、デジタル技術により、人間の生活をより豊かに変革させる概念のことです。

DXについて理解を深めるために、以下の項目について解説していきます。

  • DXの定義
  • IT化との違い

それでは早速見ていきましょう!

DXの定義

経済産業省の「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」にて、以下のように定義されました。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

これらから、日本においてのDXはビジネスとデジタルを組み合わせるという意味で使用されることがわかります。

IT化との違い

IT化は組織や企業の生産性向上を「目的」としてデジタル化を進めることを指します。

一方で、DX化はデジタルを一つの「手段」としてビジネスモデルの変革を行います。

具体的に、IT化は「新しいソフトを導入した」「インターネットを高速化した」などの導入しただけにとどまります。

一方で、DX化は「ソフトを導入後、ユーザーのニーズが分かり、データを使った新規ビジネスができた」というように、これまでの制度やビジネスに変革を与えることができます。

なお、DXについて初めから丁寧に知りたい人はテックアカデミーの「はじめてのDXコース」に通いましょう。

詳細は参考記事にてご確認ください!

参考:テックアカデミーのはじめてのDXコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

DX化成功のために乗り越えたい課題

DX化成功のために乗り越えたい課題について解説します。

  • 人材の確保
  • 明確な目標や経営戦略への理解
  • 大規模システムの見直しが困難

それでは一つずつ確認していきましょう!

課題①:人材の確保

日本では、DXを推進できるIT人材が上層部でも現場でも不足しているという現実があります。

具体的には、DX化の方向性をディレクションする人物やITツールの導入・運用を担当するエンジニア、オンラインでの業務を遂行してくれる営業担当などがあげられます。

そのため、DX化のためのサービス運用を成功させるためにも、IT人材の確保・育成は企業にとって大きな課題といえます。

そこで、自社の従業員を教育してDX環境に適応させることは比較的容易であるため、最近ではTech Academy(テックアカデミー)が提供するDX人材育成講座などを利用する企業も増えてきています。

外部のシステム会社に頼ることなく、自社の人材をDX人材として育成できるメリットがあります。

今後、IT人材の獲得競争がますます激化していくなかで、企業が勝ち抜くためにも自社でDX人材を確保と育成が重要と言えるでしょう。

テックアカデミーのDX講座は参考記事にてご確認下さい。

テックアカデミーのはじめてのDXコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー
テックアカデミーのDXマネジメントコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

課題②:明確な目標や経営戦略への理解

DX化のためには全社的な活用を目指して、事業部だけでなく経営層による明確な目標策定や経営戦略への理解が欠かせません。

たとえば、「顧客満足度を10%向上させる」「業務効率化を図り従業員の平均残業時間を1時間削減する」などの目的をまず経営陣が率先して策定します。

そして、その目的を実現するために必要とされるシステムやツールについて、事業部全体で検討するようにしましょう。

このように、最終的には組織改革ができるような長期的目標をまず決める必要があります。

課題③:大規模システムの見直しが困難

新しいITを導入するためには、基板システムのアップデートも欠かせません。老朽化したシステムを使い続けるのは維持管理コストの面で負担が大きいだけでなく、最新ツールの活用も妨げます。

新しいシステムの開発には時間とコストを要しますが、クラウド型のシステムを機軸とすれば、この負担を大幅に削減できます。自社開発をする必要がないため初期費用を大きく抑えられますし、オンライン対応でリモートワーク環境を整えやすくなるなど、DXに求められている結果を容易に達成できるようになります。

DX化を推進する3つのメリット

DX化を推進する3つのメリットは以下の通りです。

  • 生産性の向上
  • レガシーシステムのリスク回避
  • BCP(事業継続計画)対策

それでは具体的に見ていきましょう!

メリット①:生産性の向上

DX化における最大のメリットは、業務の効率化や生産性の向上と言えるでしょう。

例えば、「Trello」はボードやカードを利用し視覚的にプロジェクトを管理できるツールです。完全無料のため導入ハードルも低く、操作性も高いというメリットがあります。

また、名詞の一括管理に特化した「Sansan」というツールでは、名刺をスキャンするだけで、すべての顧客を電子上にデータベース化することが可能となります。

このような業務効率化ツールを導入することで、テレワークも容易に実現でき、大幅な働き方改革にもなります。

DX化により既存の業務をデジタル化することで従業員にとって働きやすい環境を構築できるため、優秀な人材を雇い入れることも可能となることが期待できます。

メリット②:レガシーシステムのリスク回避

DXを推進することで、特定の担当者に依存していたり企業の基幹システムがブラックボックス化しているようなレガシーシステムのリスクを回避することができます。

DX化の過程で、業務プロセスの洗い出しを行い既存システムを全面的に見直していくため、基幹システムの運用・保守などに関する現状の分析が可能となります。

また、経済産業省などが行う「IT導入補助金」の制度を利用すると、ツールの導入に掛かる一部の費用を国が負担してくれるため、資金に限りのある中小企業でもDXを推進することができます。

ビジネス環境が目まぐるしく変わる現代において、DX化によるレガシーシステムのリスク回避は企業の必須項目と言えるでしょう。

メリット③:BCP(事業継続計画)対策

BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)とは、災害やシステム障害、新型コロナウイルスのような非常時において被害を最小限に抑え、スムーズに業務を継続するための対策などを決めた計画のことです。

たとえば、データバックアップや回線の維持、テレワーク可能な業務体制の構築などがBCPの対策事項として挙げられます。

DXを推進した結果、業務の効率化ができていれば、上記のような不測の事態にも柔軟にかつ迅速に対応することができます。

DX化はBCP対策にも貢献できるメリットがあるため、各企業で注目されています。

DX化を成功させた企業の事例

DX化を推進し実際に成功させた企業の例を紹介します。

  • 教育業界の事例:家庭教師のトライ
  • 繊維製品業界の事例:グンゼ
  • 小売業界の事例:セブン&アイホールディングス
  • 製造業界の事例:ブリヂストン

参考にしてみてくださいね!

教育業界の事例:家庭教師のトライ

「家庭教師のトライ」では、生徒にあった授業を、パソコンやタブレット、スマートフォンを通じて、生徒が時間や場所にとらわれることなく受講できる映像授業サービス「Try IT」を開発しました。

また、それまで家庭教師事業で培ったノウハウを生かし、映像授業を視聴中にスマホをシェイクすると直接教師に質問が出来るという斬新なサービスも用意しています。

Try ITをきっかけに、映像授業を専門とする塾の設立など、新たなビジネスへとつなげることもできています。

繊維製品業界の事例:グンゼ

グンゼは、着用するだけで生体情報を計測できるウェアラブルシステムを活用した健康サービス事業を展開しています。

人の動きや生体情報を取得できる「導電性ニット」により、姿勢や活動量、心拍などの測定された情報をもとに美容や健康の観点から顧客へ価値提供を行うことが可能となっています。

また、肌着のノウハウを活用し、自然な着用感にこだわりや健康への取り組み、QOLの向上に貢献するためのサービスを提供しています。

小売業界の事例:セブン&アイホールディングス

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、金融など幅広く事業を展開していたため、ユーザーデータを効率よく収集しマーケティング活用するかという課題がありました。

そこで、同社ではグループDX戦略本部「DXプラットフォーム」の構築や、デジタル人材の採用・育成を強化しました。

セブン&アイ・ホールディングスでは、DX人材の積極的な内製化の強化を進めています。

製造業界の事例:ブリヂストン

タイヤの世界トップメーカーである株式会社ブリヂストンでは、DX推進により長年培われてきたゴムを極める技術に対してデジタルを組み合わせることで独自のシミュレーションを取り組んでいます。

具体的には、鉱山車両用タイヤの開発にて、高度設計シミュレーションが活かされ、鉱山のレイアウトや走行ルートなど、それぞれの状況に応じたタイヤ開発が実現しています。

また、同社の技術開発拠点を再構築し、デジタル人財の交流の促進や開発データの共有を進めていく方針を打ち出しています。

まとめ:積極的なDX導入は企業の売り上げ向上につながる!

今回、DX化について課題やメリットを解説してきました。

実際、各業界でDX化を成功させた企業があることが分かりました。

DX化を進めることで業務改善につながるだけでなく、新規事業が生まれるメリットもあります。

積極的にDX化に取り組みましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる