データベースエンジニアの志望動機を例文付きで紹介!【説得力のある例文】

「データベースエンジニアの志望動機についてつまずいている」

「説得力のある志望動機を書くにはどうしたらいいの」

そんな悩みや疑問に対して、この記事では「データベースエンジニアの志望動機」について徹底的に解説していきます!

どのように志望動機をまとめたらいいかわからない方は、最後まで必見の内容です!

目次

データベースエンジニアとは?

データベースエンジニアについて概要をまとめました。

  • データベースエンジニアの仕事内容
  • データベースエンジニアの年収

それでは一つずつ確認していきましょう!

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアは、データベースの専門家としてシステムの設計・開発や管理、運用を担います。

また、データベースの設計や開発に関わるソフトウェアを取り扱うデータベースエンジニアとシステムの動作確認などのハードウェアを担うデータエンジニアに住み分けをしている企業もあります。

近年は、ビッグデータの収集や格納をどう効率よくするかという上流工程に携わる仕事も増えてきています。

データベースエンジニアの年収

データベースエンジニアの年収について「dodaの平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)」を参考にまとめました。

技術職全体平均年収平均年収男性平均年収女性平均年収
452万円547万円630万円485万円

エンジニア職全体で見てもかなり高水準の年収ということがわかります。

また、女性のデータベースエンジニアも平均以上の年収を叩き出しているのが特徴的です。

データベースエンジニアになりたい人がアピールすべきポイント

データベースエンジニアになりたい人は何をアピールすればいいのでしょうか。

以下の項目について解説します。

  • コミュニケーション能力
  • データベースに関する知識やスキル

それでは一つずつ確認していきましょう!

ポイント①:コミュニケーション能力

データベースエンジニアは他のエンジニアや経営者などと共同で業務を進めていく機会が多く、企業の担当者とやり取りを行う場合が多々あります。

そのため、業務を円滑に進めることができる対人コミュニケーション能力が求められます。

例えば、プロジェクトチーム内でメンバーをまとめていた経験があるなどと、コミュニケーション能力に自信がある場合はアピールすると良いでしょう!

ポイント②:データベースに関する知識やスキル

データベースエンジニアは、企業データベースの設計、構築、運用・保守に関わる幅広い業務を担当しなければなりません。

そのため、担当業務や技術的な知識やスキル、経験など能力があるとデータベースエンジニアとして一目置かれる存在となれます。

志望動機では、データベースに関する業務実績やデータベース製品などの使用経験、データベース言語である「SQL」の知識やスキルをアピールすると効果的と言えます!

なお、SQLを効率よく習得したい方は「Udemy」が圧倒的オススメです!

詳細については以下の参考記事をご確認ください。

参考:【現役エンジニア推薦】UdemyでおすすめのSQL講座8選

志望動機を書く上で注意すべきこと3つ

志望動機を書く上で注意してほしいことを3つ解説します。

  • 企業側が求める人物像か
  • 企業・職種を選んだ理由を明確にする
  • マイナスなことは書かない

書き始める前に一読しましょう!

注意点①:企業側が求める人物像か

まず、企業側が求める人材はどのような人かを見極めましょう。

転職エージェントを使わない場合は、企業のホームページや転職サイトに情報が公開されている内容を確認するのが1番効率的と言えます。

魅力的な企業であっても、企業側が求める人材と自分の特性が異なれば受からない可能性が高いです。

自分のスキルや経験を活かせることができる企業を選ぶようにしましょう!

注意点②:企業・職種を選んだ理由を明確にする

説得力のある志望動機を書くために、その企業や職業を分析をした上で、魅力を感じた理由を明確にしましょう。

情報を集めるためには、IR情報やIT企業に特化した転職エージェントを利用すると効率的です。

応募する企業を選んだ理由が明確であれば、採用担当者を唸らせることができる志望動機を書けるでしょう!

注意点③:マイナスなことは書かない

自分ができないことや苦手なこと、特にやりたくない業務などは志望動機に書かないようにしましょう。

また、前職を辞めた理由を求められたとしても「スキルアップをしたかったから」などとポジティブな理由を伝えるようにしてください。

マイナスなことを書くと「採用後にすぐ辞めてしまうのではないか」という悪い印象を与えかねません。

最後志望動機を見直すときにポジティブなニュアンスになっているかどうか確認しましょう!

【タイプ別】データベースエンジニア職に就くための志望動機

注意点やアピールポイントについて理解したところで、データベースエンジニアの志望動機を紹介します!

  • 未経験からデータベースエンジニアへ
  • 他のITエンジニアからデータベースエンジニアへ

自分の境遇に合う志望動機を確認していきましょう!

タイプ①:未経験からデータベースエンジニアへ

私は事務職として〇年間勤めてきましたが、今後はデータベースエンジニアとして専門性を高めていきたいと考え、未経験者を募集している貴社を志望いたしました。エンジニアとしては就業経験はありませんが、Linuxで自宅サーバの構築した経験やセミナーの定期的参加などの技術を学ぶ意欲を活かして、貴社の発展に貢献していきたいと考えています。

【ポイント解説】

データベースエンジニアの仕事内容に直結する経験やスキルがあれば記載しましょう。

また、志望動機はポジティブな理由が良いです。

タイプ②:他のITエンジニアからデータベースエンジニアへ

現職エンジニア派遣会社にてSEとして働いています。大手〇〇メーカーの在庫管理システムの開発プロジェクトに参加経験があり、その際顧客対応やシステム管理を担当しました。また、開発や保守などを担当してトラブルが発生した際には迅速に対処し、クレームや問合せなどにも臨機応変に対応してきました。クライアントに寄り添った最適な環境を提供できるという点で貴社に大きな魅力を感じ、今回応募するに至りました。今までの経験と実績を生かして、開発の土台となるサーバエンジニアとして貴社に貢献していきたいと考えています。

【ポイント解説】

開発経験やスキルを具体的に説明しましょう。

また、数多くある企業のうちなぜ応募したのか魅力となる点を必ず記載しましょう。

データベースエンジニアの志望動機に悩んだら転職エージェントを活用しよう

データベースエンジニアの志望動機に悩んだ時は、エージェントを利用しましょう。

  • IT求人ナビ
  • 外資系・IT系のハイクラスな転職なら【アクシスコンサルティング】
  • エンジニアのための転職エージェントサービス【Tech Stars Agent】
  • IT・Web転職特化エージェント【レバテックキャリア】

それでは一つずつ紹介していきます!

オススメのエージェント①:IT求人ナビ

「IT求人ナビ」は業界最大大手のIT業界に特化した転職エージェントです。

フリーランスや転職、未経験などそれぞれ求職者のタイプ別でサービスが提供されています。

また、キャリアコーディネーターが、経歴や業界の動向などを考慮し、過去の事例をふまえてアドバイスがもらえます。

気になる方は、以下の記事にて口コミや評判を確かめてみましょう!

参考:「IT求人ナビ 転職」の口コミ・評判を徹底レビュー

オススメのエージェント②:外資系・IT系のハイクラスな転職なら【アクシスコンサルティング】

「アクシスコンサルティング」はコンサルに特化した転職エージェントです。

現役コンサルタントへの転職実績も業界No.1なので、実績も十分で信頼できるエージェントと言えます。

サーバーサイドエンジニアからキャリアパスを考える方にオススメのエージェントです!

以下の記事にて、実際に面談を受けた感想や内容を記載しているのでご確認ください!

参考:アクシスコンサルティングの評判は?実際に面談を受けてみました

オススメのエージェント③:エンジニアのための転職エージェントサービス【Tech Stars Agent】

「Tech Stars Agent」はITやWeb、ゲーム業界の「エンジニア」に特化した転職エージェントです。

また、コンサルタントは業界経験者のみなので、求職者の特性と企業の特性を考慮し、それぞれに合う企業を紹介してもらえるメリットがあります。

入社後のミスマッチも1%以下に抑えることができていることから、丁寧なサポートであることがわかります。

ゲーム業界のインフラ事業に興味がある方にオススメのエージェントと言えます!

オススメのエージェント④:IT・Web転職特化エージェント【レバテックキャリア】

「レバテックキャリア」は、特にITエンジニア経験のある20・30代の転職に強みを持つ転職エージェントです。

キャリアアドバイザーによるカウンセリングや書類添削、面接対策まで一貫したサポートを受けることができます。

取引企業も業界屈指で、応募が殺到する優良ベンチャー企業や新規サービスの中堅メンバーを募集中の企業など非公開求人が多数用意されています。

データベースエンジニアの志望動機まとめ

今回、データベースエンジニアの志望動機や志望動機を書く上での注意点について解説してきました。

志望動機を書く前に、なぜデータベースエンジニアになりたいのか目標や目的を明確に持つようにしましょう。

今回紹介した志望動機の例文を参考に、データベースエンジニアの書類選考に応募してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる