CodeCamp(コードキャンプ)でおすすめ講師や評判が良い講師はいるの?現役エンジニアが徹底解説!

学生時代、好きな先生の科目だけはいつもテストで高得点を取れていた方も多いのではないでしょうか。

CodeCamp(コードキャンプ)では、現役エンジニアの講師を自由に選べるため効率的に学ぶことができます。

この記事では、さらに効率よく選んでもらうために現役エンジニア私がこの人なら受けたいと思うオススメの講師を紹介しています!

ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

スクールの講師にこだわるべき理由

そもそも、スクールの講師をどうしてこだわる必要があるのかについて現役エンジニアの立場から解説します。

  • エラー解決時に対応の差が出る
  • モチベーション維持に関わってくる
  • スキル習得のレベルに差が出る

一つずつ見ていきましょう!

理由①:エラー解決時に対応の差が出る

プログラミング習熟度が低いと、エラー処理の際に回答速度や解決手段、教え方に明確な差が出てきます。

いくらマニュアルが完備されていたとしても、顕著に実力の差が出てきます。

各プログラミングスクールが現役エンジニアにこだわる理由として、エラー対応力に差が出てくるのも挙げられます。

エラー対応が遅いと自分の学習速度にも関わってきますので、なるべく丁寧でレスポンスの早い講師にこだわりましょう!

理由②:モチベーション維持に関わってくる

講師も人間なので、いろいろな性格の方がいらっしゃいます。

苦手な先生だと学習継続のモチベーションが下がってくると思うので、自分の性格に合う先生を選ぶことが大切です。

理由③:スキル習得のレベルに差が出る

熟練度や経験値に伴って、先生の教え方に差が出てきます。

教科書の範疇で教える先生なら教科書レベル止まりのスキルですが、プラスアルファ雑談を交えて教えてくれる先生ならその分実力を伸ばすことが可能です。

私個人的には、質問した内容から脱線した話や先生自身の経験についてに話を多くする先生をお勧めします!

【口コミまとめ】CodeCampでオススメの先生

CodeCamp(コードキャンプ)の口コミで高評価の先生を紹介します。

  • 田辺先生
  • 杉山先生
  • 松木先生

受講するときの参考にしてくださいね。

田辺先生

田辺先生はとにかく頭が良いので、説明も過不足なく、話し方もクリアでまったく混乱することなくスーッと理解できました。

細かいコードの記述ミスやよりシンプルに記述できる箇所をどんどん見つけてくれ、

杉山先生

卒業生のブログで多くの方から好評の先生を紹介します。

杉山先生は、説明が丁寧で言葉遣いも優しくてわかりやすいと人気の講師です。

ただし、先生のほうから積極的にアプローチするタイプではないので、フレンドリーな先生が好きな人は不向きな先生です。

松木先生

高専卒業後40年間エンジニアとして従事、ソフトウェア会社設立経験あり、60才を超えた現在もフリーランスの現役エンジニアとして活躍されている先生です。

とてもやさしい口調で熟練者ならではの教え方も上手と口コミでも好評です。

【公式まとめ】CodeCampでオススメの先生

CodeCamp(コードキャンプ)の公式ページには、「講師インタビュー」記事があります。

今回は、そこで紹介されている先生をジャンル別にまとめました。

  • 2017年最優秀講師|小泉先生
  • 子育て世代の味方|松本先生
  • 起業&ITベンチャー出身のカリスマ|志賀先生
  • 30代での転職経験あり|足谷先生
  • 未経験からフリーランス経験者|椎野先生

気になる先生がいましたら、公式ページのインタビュー記事を読んでみてくださいね!

早速、1人ずつ解説していきます。

2017年最優秀講師|小泉先生

フロントエンド開発やJava開発のコースでレッスンを担当し、フリーランスエンジニアとしてもご活躍中の先生です。

スキルや癖などを見極めて分かりやすく丁寧に教えてくれると口コミでも評判です。

さらに、CodeCamp(コードキャンプ)の最優秀講師にも選ばれているほど、教え方に定評のある先生です。

子育て世代の味方|松本先生

おおらかで明るい人柄と親身なレッスンでCodeCamp(コードキャンプ)の人気講師です。

現在はフリーランスのエンジニア、JavaのOSSコミッターとして活躍されています。

挫折や子育てのブランクを乗り越えた体験談を聞きたい方はオススメの先生です。

起業&ITベンチャー出身のカリスマ|志賀先生

志賀先生はCodeCamp(コードキャンプ)の人気講師として、多くの受講生の目標実現やキャリアチェンジをサポートしてきました。

優しく見えるけれど実はスパルタ、自分の限界を越えさせてくれる人と受講生からも人気があります。

起業経験やITベンチャーでの実務経験など興味がある方にオススメの先生です!

30代での転職経験あり|足谷先生

高校の数学教師から31才の時に趣味のプログラミングが仕事になり、現在フリーランス歴7年の先生です。

フリーランスエンジニアとして地方で働くことや、趣味のプログラミングが仕事になった経緯、30才を越えてエンジニアを目指す際のアドバイスがほしい方はオススメの先生です!

未経験からフリーランス経験者|椎野先生

東京でエンジニアとして活躍後、愛媛に移住してフリーランスとして活動している先生です。

Ruby・Ruby on Railsの講師として、きめ細やかな指導で受講生から評判が高いらしいです。

未経験からエンジニアとしてベンチャー企業で働いたエピソードや独立・地方へ移住してからのワークスタイルについて興味がある方は、椎野先生に話を聞いてみてくださいね。

【注意点あり】CodeCampは先生を選べるスクール?!

CodeCamp(コードキャンプ)は200人以上の現役エンジニア講師から好きに選ぶことができるスクールです。

今回、選ぶ時のポイントを解説したいと思います。

  • 先生のプロフィールに注目
  • 卒業生の口コミを参考にする

それでは、一つずつ見ていきましょう!

選ぶポイント①:先生のプロフィールに注目

CodeCamp(コードキャンプ)では受講生による5段階評価とコメントで先生の評価がわかるシステムになっています。

その評価を集計し、評価の高い講師にはゴールド認定やシルバー認定のマークが付いています。

認定マークがついている先生は、人気があるので早めにお気に入り登録しましょう。

また、「子育てママパパ」や「初心者歓迎」などと先生の特徴が一眼でわかるマークもついているので、参考にしてみるといいでしょう。

選ぶポイント②:卒業生の口コミを参考にする

CodeCamp(コードキャンプ)は大手プログラミングスクールなので、卒業生の口コミがネット上にたくさんあります。

よかった先生を実名で教えてくれている親切なサイトもあるので、参考にしてみてくださいね!

まとめ:好きな先生をカスタマイズできるのはCodeCampだけ!

今回、CodeCamp(コードキャンプ)のおすすめそたい講師を口コミや公式サイトを参考にして、紹介してきました。

最初に解説したように、スクールを通う上で講師の質は能力向上のために無視してはいけません。

この記事を参考に、自分に合った先生のもとITスキルを伸ばしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる