【副業で月10万円】CodeCamp(コードキャンプ)で学んだスキルは役立つ?現役エンジニアが徹底解説!

「月5万以上稼げる副業につながる、プログラミングスクールが知りたい!」

「CodeCamp(コードキャンプ)の中で副業向けのコースはあるの?」

そんな副業やCodeCamp(コードキャンプ)に関する疑問に対して、お答えしたいと思います。

コースを受講後登録すべきサイトについても紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

CodeCamp(コードキャンプ)がIT・Web系の副業を始めたい人にオススメな理由

CodeCamp(コードキャンプ)が他プログラミングスクールよりもIT・Web系の副業を始めたい人にどうしてオススメなのか、現役エンジニアの目線から解説したいと思います。

  • IT・Web未経験からフリーランスになるためのコースが多数
  • 現役エンジニアにキャリア相談できる
  • 仕事案件に繋がるポートフォリオを作れる

1人ずつ丁寧に見ていきましょう!

理由①:IT・Web未経験からフリーランスになるためのコースが多数

CodeCamp(コードキャンプ)のマスターコースは、未経験からフリーランスや副業収入を得たい人向けのコースとなっています。

  • デザインマスターコース
  • Webマスターコース
  • Javaマスターコース
  • Rubyマスターコース
  • アプリマスターコース

多彩なコースが用意されているため、いずれかのコースがIT・Web業界で必要なスキルを学べるものに該当します。

理由②:現役エンジニアにキャリア相談できる

CodeCamp(コードキャンプ)では、現役エンジニアにチャットを使ってキャリア相談が可能です。

周りにIT・Web業界のことを相談できる人がいなくても安心して転職活動できるメリットがあります。

無制限かつ無料なのもありがたいですね。

自分のキャリアをすでに叶えたロールモデルとなる人を見つけて、相談や質問をしてみましょう!

理由③:仕事案件に繋がるポートフォリオを作れる

フリーランスのWebデザイナーとして活躍するためには,ポートフォリオの作成が欠かせません。

ポートフォリオは、自分の実力やスクールで得たスキルを示す重要な作品集となります。

CodeCamp(コードキャンプ)では、ポートフォリオに作成まで学ぶことができます。

そのため、受講終了後に仕事を受注しやすいメリットがあります。

CodeCamp(コードキャンプ)で副業収入を得たい人が受けるべきコース

CodeCamp(コードキャンプ)で副業収入を得たい人に受けてほしいコースを現役エンジニアの私が厳選しました。

  • Webマスターコース
  • デザインマスターコース

実際き副業収入を得ている方の口コミを参考にしましたので、信頼できる情報源ですよ!

早速見ていきましょう。

おすすめコース①:Webマスターコース

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースは、主にWebサイト制作やWebサービスに関するスキルを身につけたい人向けのコースです。

具体的に学べるプログラミング言語やフレームワークは以下の通りです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuary
  • PHP
  • Laravel

これらを使いこなし、最終的にはインターネット掲示板やオンラインショッピングサイトを自作できるまで成長することができます。

例えば、業界最大大手のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」では、以下のような案件があります。

単発で5万円稼げる案件などWebサイトを制作する案件はたくさんあるので、安定した副業収入が欲しい方は始める価値大です!

おすすめコース②:デザインマスターコース

CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースでは、以下のような言語やツールを使いこなせるようになります。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuary
  • Bootstrap
  • Photoshop
  • Illustrator

そして、最終的には以下のような作品を自分で作れるようになります。

  • バナー
  • ロゴ制作
  • レスポンシブ対応のwebデザイン

これらの作品が作れるようになると、例えば、以下のようなクラウドソーシングにて高単価の仕事案件を取りやすくなりますよ!

コンペ系のタスクなので、必ずしも受注できるわけではありませんが、他の人の提案している作品を見ていく上でレベルアップもできるので、コンペ形式の仕事は積極的に受けていきましょう!

CodeCamp(コードキャンプ)で学んだスキルが活かされるサイト3選

「CodeCamp(コードキャンプ)でせっかく学んだスキルが使えない…」なんて声多く聞きます。

ここでは、CodeCamp(コードキャンプ)で学んだことを活かして仕事ができる、おすすめの「クラウドソーシング」を紹介します。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • シュフティ

それでは見ていきましょう!

おすすめサイト①:クラウドワークス

クラウドソーシング最大大手の「クラウドワークス」は、圧倒的な仕事案件件数を誇っています。

そのため、バナー作成やWebサイト制作など1件あたり10万円以上するような高単価の案件がたくさんあります。

また、初心者向けの案件や経験者限定の案件、長期契約案件さまざまな案件があるので、柔軟に働きやすいです。

Webデザインスキルをある程度持っているなら、登録して損はありませんよ!

おすすめサイト②:ランサーズ

「ランサーズ」は自分のスキルを武器にお仕事案件に対してプレゼンする形式のクラウドソーシングです。

クライアントが提示した仕事に対して、自分のスキルや工夫できることを提示します。

そのため、ポートフォリオや資格などアピールできる材料が多ければ多い人ほど、仕事の受注率が上がります。

また、AIにより仕事単価チェックがあり、それぞれ優良価格や適正価格などに振り分けられます。

仕事量に対して適正でない価格が一目でわかるので、在宅ワーク初心者の方でも安心して始めることができるメリットがあります。

ぜひ、CodeCamp(コードキャンプ)で作ったポートフォリオをランサーズで活用して、副業を始めましょう!

おすすめサイト③:シュフティ

「シュフティ」は、子育て中や専業主婦・主夫を中心とする在宅ワーカーのためのクラウドソーシングです。

在宅ワーカーの報酬ボリュームゾーンは月当たり2~3万円となっており、お小遣い稼ぎにベストな仕事案件が多くあります。

クライアントの方々も、家事や子育てなどの時間の都合を考えてくださる方が多いので、まさしく主婦ファーストのクラウドソーシングです!

まとめ:CodeCamp(コードキャンプ)で学んだスキルを武器に副業で稼ごう!

今回、副業で収入を得たい人向けのCodeCamp(コードキャンプ)のコースやCodeCamp(コードキャンプ)が副業を始めたい人にオススメな理由など、徹底的に解説してきました。

CodeCamp(コードキャンプ)で得たスキルは、ぜひクラウドソーシングで仕事案件獲得に役立ててくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる