CodeCamp(コードキャンプ)は難しいカリキュラムで挫折する?挫折する人の特徴と挫折しない方法を解説します!

「CodeCamp(コードキャンプ)のカリキュラムが難しすぎるって聞くけど本当?」

「プログラミング未経験で挫折しないか不安」

そんなプログラミング未経験者の不安や疑問を現役エンジニアの私が解決します!

この記事では、CodeCamp(コードキャンプ)で挫折せずに続けるコツを紹介していますので、最後まで読んでくださいね。

目次

CodeCamp(コードキャンプ)で挫折する原因は?口コミや評判からわかることをまとめました!

落ち込んでいる男性の画像

CodeCamp(コードキャンプ)で挫折する原因はどこにあるのでしょうか。

口コミや評判からわかることをまとめたので、参考にしてくださいね。

  • 完全オンライン指導が合わない
  • 未経験者にとってわかりにくい教材
  • 講師やメンターの質が悪い

一つずつ見ていきましょう!

原因①:完全オンライン指導が合わない

オンライン指導のやり口が合わないという悪評が多く見受けられました。

オンライン学習だと、学習内容に挫折した人がフェードアウトしてしまう原因にもなりやすいです。

通学で学習できるプログラミングスクールもあるので、検討してみてくださいね。

みん評

原因②:未経験者にとってわかりにくい教材

CodeCamp(コードキャンプ)の教科書が難しいという口コミも多いです。

プログラミング初心者にとってとっつき難い教科書になっているらしいので、少し勉強してから受講開始するなど工夫が要りそうです。

また、オンラインレッスン自体回数制限があるのもネックで、質問の仕方に慣れないうちは思うように進まず挫折する原因にもなるでしょう。

みん評

原因③:講師やメンターの質が悪い

CodeCamp(コードキャンプ)では200人以上の現役エンジニア講師が在籍しています。

厳しい審査を通過した厳選された講師たちなので、プログラミング技術力はもちろんのこと教えるプロでもあります。

しかしながら、一部のメンターの中にはあまり質が良くない方もいるみたいです。

下記は、授業の約束時間を過ぎても講師の方が来なかった時のクチコミです。

CodeCamp(コードキャンプ)を挫折してしまう人の特徴

バツ印している女性

実は、CodeCamp(コードキャンプ)を挫折してしまう人には特徴があります。

現役エンジニアの私が挫折する人の特徴を考察したので、当てはまる方は始める前にしっかりと検討しましょう。

  • 忙しくて学習時間を確保できない人
  • 無理に未経験からIT・Web業界に転職しようとする人
  • 受け身な人

それでは、見ていきましょう。

特徴①:忙しくて学習時間を確保できない人

IT・Web未経験の状態からプログラミングを習得するには想像以上に時間が必要です。

そのため、育児や仕事が忙しくてCodeCamp(コードキャンプ)のカリキュラムを消費する時間さえあまり取れないという方は、時間に余裕ができてから受講し始めることをオススメします。

参考として、CodeCamp(コードキャンプ)で必要とされる週あたりの学習時間を紹介します。

  • 6ヶ月:5〜10時間
  • 4ヶ月:10〜15時間
  • 2ヶ月:20〜25時間

上記の時間を確保できない方は、カリキュラムを消化しきれず挫折する原因となる可能性が高いので、ご注意下さいね。

特徴②:無理に未経験からIT・Web業界に転職しようとする人

意識高い系の人が陥りやすいのが、未経験の状態からIT・Web業界に無理やりでも転職しようとすることです。

未経験の方がITエンジニアとして仕事を獲得できるようになるためには、それ相応のスキルが必要となります。

卒業後、フリーランスとして仕事案件を取りに行こうとするとなかなか発注されず、現実に挫折してしまう人もおおいと思います。

CodeCamp(コードキャンプ)のカリキュラムで基礎知識を固めて、自学自習で実践力を身に付けましょう!

特徴③:受け身な人

受け身な人の特徴として、自分がエラーやわからない箇所があるにも関わらず質問や相談をしようとしないということが挙げられます。

その場合、思ったようにカリキュラムが進まず嫌になってしまい、結果やめてしまうという悪循環になりかねません。

初学者のプログラミング学習のコツは、いかに「人を使って自分のスキルを上げるか」です。

積極的にCodeCamp(コードキャンプ)の質問機能やサポート機能を使いましょう!

CodeCamp(コードキャンプ)を挫折せずに続けるコツ

人差し指を立てている女性

「教材が難しい」「先生の質が良くない…」

そんなCodeCamp(コードキャンプ)にまつわる噂を聞いて、不安になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、CodeCamp(コードキャンプ)を挫折せずに続けるコツについて徹底検証します。

  • わからないことやエラーはすぐに質問
  • 性格が合わない講師は変える
  • 授業を詰め込みすぎない

「高い授業料を払ったけどやめたい」なんてことにならないためにも、しっかり確認していきましょう!

ポイント①:わからないことやエラーはすぐに質問

プログラミング初学者の挫折原因ナンバーワンが、エラー解決でのつまずきです。

挫折しないためにも、カリキュラムの内容でわからないことが出てきた場合やエラーが解決できない時はすぐに講師に質問をしましょう。

初学者の中には、自己解決しようとする人や極度に遠慮して質問を全くしない人がいます。

私の経験上、質問されるタイミングが遅ければ遅いほど手遅れになります。

15分自分で考えたり調べてわからなければ、質問やヒントをもらうようにしましょう!

ポイント②:性格が合わない講師は変える

モチベーションに関わってくるのが、講師との相性です。

学生時代、好きな先生の教科だと頑張れるため、好きな先生の教科のテストだけは良い点数だった方も多いのではないでしょうか。

CodeCamp(コードキャンプ)では、その仕組みを応用して先生を好きに選択できる制度になっています。

そのため、CodeCamp(コードキャンプ)では、先生との相性が悪くて学習が続かないというミスマッチの心配がありません。

挫折しないためにも、自分の学習ペースや好みに合う先生をさがしましょう!

ポイント③:授業を詰め込みすぎない

CodeCamp(コードキャンプ)のカリキュラムを終えるには、レッスン以外にしっかりと学習時間の確保が必要とされています。

具体的には、以下のような学習時間の目安が記載されています。

  • 6ヶ月プラン
    • 5〜10時間
  • 4ヶ月プラン
    • 10〜15時間
  • 2ヶ月プラン
    • 20〜25時間

そのため、仕事や育児、家事の合間で学習をしようと思うとなかなかうまくいかないことも多いと思います。

本業を愚かにしない程度に、授業を詰め込みすぎないようにしましょう!

まとめ:CodeCamp(コードキャンプ)は挫折しない仕組みが整っている!

親指を立てている男性

今回、CodeCamp(コードキャンプ)で挫折する原因や挫折してしまう人の特徴を解説してきました。

CodeCamp(コードキャンプ)のチャットサポートや講師の選択制度をうまく利用すれば、挫折する心配もありません。

IT未経験者の挫折率90%超えの壁を、CodeCamp(コードキャンプ)で突破しましょう!

絶対に挫折したくない人は、挫折させないためのマンツーマンプログラミングスクールの記事もどうぞ!

あわせて読みたい
絶対挫折させないマンツーマン指導のプログラミングスクールまとめ こんにちは!現役エンジニアのnakochiです! プログラミングスクールに通いたいと考えているけど プログラミングを勉強したいけど、1人は大変そう人から教えてもらいた...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる