AWS認定ソリューションアーキテクトとは?試験概要や難易度について解説

「アソシエイト3冠達成!」などとネット上で目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、アソシエイトの一角「AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト」の試験内容や試験対策について徹底的に解説します。

それでは、早速見ていきましょう。

目次

AWS認定試験とは?

AWS認定試験とは、世界的なクラウド環境サービスAWS(Amazon Web Services)が提供する認定プログラムのことです。

2021年現在で11種類の試験があり、大別して4つのレベルに分けられます。

コース名分野
基礎コースCertified Cloud Practitioner
アソシエイト(中級)デベロッパー
ソリューションアーキテクト
SysOpsアドミニストレーター
プロフェッショナル(上級)ソリューションアーキテクト
DevOpsエンジニア
専門知識機械学習
セキュリティ
データアナリティクス
アドバンストネットワーキング
データベース

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトとは?

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトとはどのような試験なのか理解を深めましょう。

  • 受験概要
  • 受験対象者
  • 認定される能力

それでは一つずつ解説していきます。

受験概要

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトでは、AWS上での分散システムを設計、実装する能力が認定されます。

受験概要は以下の表にてご確認ください。

問題形式複数選択の全65問
実施形式テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間130分間
受験料金(税別)15,000 円
言語英語、日本語、韓国語、中国語 (簡体字)

また、出題される問題とその比率は以下の通りです。

分野の詳細については、試験ガイドをご覧ください。

分野出題比率
弾力性に優れたアーキテクチャの設計 30%
高性能アーキテクチャの設計 28%
セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計24% 
コストを最適化したアーキテクチャの設計 18%

特に、出題比率が高い「弾力性に優れたアーキテクチャの設計」とは、アプリケーションのアクセス要件に基づいて適切なデータベースを選択できる知識やハイブリッドアプリケーションまたは非クラウドネイティブアプリケーションで使用できるスキルのことを指します。

まずは、この分野をある程度解けるようにしましょう。

受験対象者

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトの受験対象者は、AWS におけるスケーラブルな分散システムの設計に関する1年以上の実務経験を持つ方となっています。

具体的には、以下のようなスキルを持っていることが好ましいでしょう。

  • ネットワーク・ストレージ・データベースなどの AWSサービスやAWSデプロイなど、1年間のAWS技術の実務経験
  • AWS上でのデプロイ、管理、そしてオペレーション、およびセキュリティコントロールとコンプライアンス要件の実装の経験
  • AWSマネジメントコンソールおよび AWS コマンドラインインターフェイスの使用に精通していること
  • AWS Well-Architected Framework、AWS のネットワーク、セキュリティサービス、および AWS グローバルインフラストラクチャを理解していること
  • AWS ベースのアプリケーションの技術的要件定義をする能力

認定される能力

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトに合格すると、「適切な AWSサービスを使用し、アーキテクチャ原則に従ってソリューションを設計する」能力が認定されます。

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトに合格するための対策

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトに合格するために、オススメの対策は以下の通りです。

  • 公式のサンプル問題
  • Udemy
  • 公式の模擬試験

それでは一つずつ見ていきましょう!

対策①:公式のサンプル問題

どのようなレベル感なのかザッと確認するために、1度はサンプル問題を解くことをオススメします。

サンプル問題で9割以上理解することができれば、合格間違いなしと言えるでしょう。

対策②:Udemy

Udemyで勉強するなら、「これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)」が圧倒的にオススメです。

VPCやEC2などの基本的なAWSサービスに関するインプットはもちろんのこと、豊富なハンズオン学習により実際の操作経験を積むことも可能です。

インフラやAWSに全く触れたことがない未経験の方用に、丁寧な解説があります。

その分、この教材だけでは応用問題に対応できず、5割前後に止まってしまう可能性もあるため、他の対策で知識やスキル強化するようにしましょう。

対策③:公式の模擬試験

サンプル問題やUdemyで学習した内容が通用するかどうか、受験前最後の確認として模擬試験を受講しましょう。

ただし、回答がなく答え合わせは自分でしなければならないので注意してください。

何度も解き直して、自信をつけましょう!

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトを取得するメリット

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトを取得するメリットについて解説します。

  • AWSについて体系的に理解できる
  • インフラやデータベースの基礎知識を補完できる

それでは一つずつ見ていきましょう!

メリット①:AWSについて体系的に理解できる

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトに合格するためには、全AWSサービスを使いこなす能力が必要とまでは言いませんが、どのようなサービスや機能があるのかある程度理解しなければなりません。

また、AWS認定資格は定期的に内容が更新されるため、最新のAWSサービスについても動向を追う必要があります。

このように、AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトに受験する過程で、AWSについて体系的に理解できるようになるメリットがあります。

メリット②:インフラやデータベースの基礎知識を補完できる

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトは、インフラやデータベースの基礎的な知識について問う問題があります。

例えば、要件に基づいて適切なデータベース・ストレージサービスを選ぶような問題やパフォーマンス要件に合わせてスケールする適切なアーキテクチャを選択する問題などがあります。

このように、AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトはAWSサービスだけでなく幅広くインフラやデータベースに関する知識を補完することができます。

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトまとめ

今回、AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトの試験内容や試験対策について見てきました。

紹介した試験対策は以下の通りです。

  • 公式のサンプル問題
  • Udemy
  • 公式の模擬試験

自分に合う勉強法で、一発合格を目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる