AWS認定セキュリティとは?試験概要や難易度を解説!

セキュリティ分野の専門資格の一つに「AWS認定セキュリティ」という資格があるのはご存知でしょうか。

この記事では、AWS認定セキュリティの概要や試験対策、メリットについて丁寧に解説します。

セキュリティ分野に携わる方は持っておいて損のない資格です。

それでは早速見ていきましょう!

目次

AWS認定試験とは?

AWS認定試験とは、世界的なクラウド環境サービスAWS(Amazon Web Services)が提供する認定プログラムのことです。

2021年現在で11種類の試験があり、大別して4つのレベルに分けられます。

コース名分野
基礎コースCertified Cloud Practitioner
アソシエイト(中級)デベロッパー
ソリューションアーキテクト
SysOpsアドミニストレーター
プロフェッショナル(上級)ソリューションアーキテクト
DevOpsエンジニア
専門知識機械学習
セキュリティ
データアナリティクス
アドバンストネットワーキング
データベース

AWS認定セキュリティとは?

AWS認定セキュリティに関して、以下の内容をまとめました。

  • 受験概要
  • 受験対象者
  • 認定される能力

受ける前に一度確認しましょう。

受験概要

AWS認定セキュリティは、AWSのセキュリティ管理やその他クラウドセキュリティの自動化、BCPとバックアップを含む災害対策管理などの知識を有するかどうかを認定します。

受験概要は以下の表にてご確認ください。

問題形式複数選択の全65問
実施形式テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間170分間
受験料金(税別)30,000 円
言語英語、日本語、韓国語、中国語 (簡体字)

また、出題される問題とその比率は以下の通りです。

分野の詳細については、試験ガイドをご覧ください。

分野出題比率
インシデントへの対応12%
ログ記録とモニタリング20%
インフラストラクチャのセキュリティ26%
アイデンティティ管理とアクセス管理20%
データ保護 22%

受験対象者

AWS認定セキュリティの受験対象者は、AWSワークロードの保護に関する最低2年間の実践経験があるセキュリティ担当者および、ITセキュリティ分野でセキュリティソリューションの設計と実装に関して最低5年間の経験した者とされています。

認定される能力

AWS認定セキュリティにて認定される能力は以下の通りです。

  • AWSにおけるデータ保護のメカニズムについての理解
  • AWSにおけるデータ暗号化メソッドの実装メカニズム
  • AWSにおける安全なインターネットプロトコルの実装メカニズム
  • AWSのセキュリティサービスと機能についての実務知識
  • セキュリティの運用とリスクについての理解

ただし、AWSでの開発や管理、運用に関する知識やスキルを認定する者ではないためご注意下さい。

セキュリティ管理者用の試験は、「AWS認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト(SOA)」が対応しています。

AWS認定セキュリティに合格するための対策

AWS認定セキュリティに合格するためにオススメの対策法について解説します。

  • 参考書で勉強
  • 公式のサンプル問題
  • 公式の模擬試験

それでは一つずつ見ていきましょう!

対策①:参考書で勉強

AWS認定セキュリティに合格する上で欠かせないのが「要点整理から攻略する『AWS認定 セキュリティ-専門知識』」です。

AWSのセキュリティ周りのサービスや用語について、初学者が混同しがちな部分を丁寧に説明してくれています。

試験に必要な知識を網羅しているため、理解するまで何周もすることをオススメします!

対策②:公式のサンプル問題

どのようなレベル感なのかザッと確認するために、1度はサンプル問題を解くことをオススメします。

サンプル問題で9割以上理解することができれば、合格間違いなしと言えるでしょう。

対策③:公式の模擬試験

参考書やサンプル問題で学習した内容が通用するかどうか、受験前最後の確認として模擬試験を受講しましょう。

模擬試験は、1回4,000円(税別)で受講することができます。

ただし、回答がなく答え合わせは自分でしなければならないので注意してください。

何度も解き直して、自信をつけましょう!

AWS認定セキュリティを受けるメリット

AWS認定セキュリティを受ける3つのメリットについて解説します。

  • 割引価格で試験を受けることができる
  • 認定者限定イベントに参加できる
  • セキュリティに関する知識がある証明になる

それでは一つずつ見ていきましょう!

メリット①:割引価格で試験を受けることができる

AWS認定セキュリティ試験を受けるメリットの1つ目として、再認定試験などに適用可能な割引の利用ができる点にあります。

AWS認定セキュリティ試験には、割引や無料で受けることができる模擬試験があります。

ちなみに、AWS認定セキュリティは、「合格してから3年間のみ有効」となっています。

継続してこの資格を有したい人にとって、割引価格で受験できるのはメリットと言えるでしょう。

メリット②:認定者限定イベントに参加できる

AWS認定セキュリティ試験を受けるメリットの2つ目として、認定者限定イベントに参加できることが挙げられるでしょう。

具体的な流れとしては、AWS認定セキュリティに合格すると、AWS認定LinkedInグローバルコミュニティへのアクセスが可能になり、「 AWS Summitイベント」「AWS主催の認定イベント」などを通じて認定者と交流する事ができます。

世界中のセキュリティに携わる方と交流できる機会は、AWS認定資格ならではのメリットと言えるでしょう。

メリット③:セキュリティに関する知識がある証明になる

AWS認定セキュリティ試験を受けるメリットの3つ目として、合格すればセキュリティに関する知識を有する証明となるデジタルバッジで認定されます。

AWS認定を取得済みである証として、ソーシャルメディアや電子メールの署名に添付する事ができます。

また、職務履歴書にも記載することができる資格なので、転職や就職の際にも役立てることができます。

セキュリティ分野の客観的なスキル証明として、受ける価値が大きいと言えます。

AWS認定セキュリティまとめ

今回、AWS認定セキュリティの試験内容や試験対策、受けるメリットについて丁寧に見てきました。

現役エンジニアの私がオススメする試験対策は以下の通りです。

  • 参考書で勉強
  • 公式のサンプル問題
  • 公式の模擬試験

AWS認定セキュリティは対策をしっかりすれば、実務経験が浅くとも対応できる資格となっています。

今回紹介した対策内容を参考にして、一発合格を目指しましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる