AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルとは?試験概要や難易度について解説

「AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルについて詳細が知りたい」

「DevOpsエンジニアを目指すために必要な資格はあるのだろうか」

この記事では、「AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルの試験対策」について徹底的に解説します!

DevOpsエンジニアを初めて聞くというような方でも理解できるように、DevOpsエンジニアの概要から丁寧にまとめました。

ぜひ最後まで読んでくださいね!

目次

DevOpsエンジニアとは?

DevOpsエンジニアは、コーディングやデプロイメント、アプリケーションのメンテナンス・更新、アプリケーション管理の統合などが多岐にわたって仕事を担当します。

DevOpsエンジニアは、いわゆるIT界全体のジェネラリストの役割を持ちます。

AWS認定試験とは?

AWS認定試験とは、世界的なクラウド環境サービスAWS(Amazon Web Services)が提供する認定プログラムのことです。

2021年現在で11種類の試験があり、大別して4つのレベルに分けられます。

コース名分野
基礎コースCertified Cloud Practitioner
アソシエイト(中級)デベロッパー
ソリューションアーキテクト
SysOpsアドミニストレーター
プロフェッショナル(上級)ソリューションアーキテクト
DevOpsエンジニア
専門知識機械学習
セキュリティ
データアナリティクス
アドバンストネットワーキング
データベース

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルとは?

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルとは、どのような試験なのか理解を深めましょう。

  • 受験概要
  • 受験対象者
  • 認定される能力

それでは一つずつ解説していきます。

受験概要

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルに合格すると、AWSインフラストラクチャとアプリケーションのテストとデプロイを自動化する能力が認められます。

受験概要は以下の表にてご確認ください。

問題形式複数選択の全75問
実施形式テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間180分間
受験料金(税別)30,000 円
言語英語、日本語、韓国語、中国語 (簡体字)

また、出題される問題とその比率は以下の通りです。

分野の詳細については、試験ガイドをご覧ください。

分野出題比率
SDLC のオートメーション22%
構成管理と Infrastructure as Code 19%
モニタリングとロギング15%
ポリシーと標準のオートメーション10%
インシデントとイベントへの対応18%
高可用性、耐障害性、災害対策16%

受験対象者

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルは、AWS環境における運用た管理において2年以上の経験を持つ人を対象とするものです。

具体的には、以下のようなスキルを持つ人が好ましいとされています。

  • 少なくとも 1 つ以上のハイレベルプログラミング言語でのコード開発、高度に自動化されたインフラストラクチャの構築、およびオペレーティングシステムの管理の経験
  • 最新の開発および運用のプロセスと方法論に対する理解
  • AWSで継続的デリバリーのシステムと手法を実装して管理する能力
  • セキュリティ管理、ガバナンスプロセス、コンプライアンス検証の理解、実装、および自動化する能力
  • AWS でのモニタリング、メトリクス、ログ記録システムを定義し、デプロイする能力

認定される能力

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルで認定される能力は以下の通りです。

  • AWS での継続的デリバリーシステムとその配信方法を実装および管理する 
  • セキュリティ管理、ガバナンスプロセス、コンプライアンス検証を実装および自動化する 
  • AWS でのモニタリング、メトリクス、ロギングシステムを定義およびデプロイする
  •  AWS プラットフォームでの可用性、スケーラビリティ、自己修復性の高いシステムを実装する
  • 運用プロセスを自動化するためのツールを設計、管理、および保守する 

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルに合格するための対策

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルに合格するための対策を紹介します。

  • Udemy
  • 公式の無料デジタルトレーニング
  • 公式の模擬試験

それでは一つずつ確認していきましょう!

対策①:Udemy

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルは教材が少ないため、Udemyを活用するようにしましょう。

「AWS Certified DevOps Engineer Professional 2021 – Hands On!」は、ハンズオンで実践的に学ぶことができます。

専門的な用語が英語で出てくるため、英語が苦手な方はGoogle翻訳に任せましょう。

対策②:公式の無料デジタルトレーニング

公式から提供されている「無料のデジタルトレーニング」がとても役立ちます。

AWSプロフェッショナルレベルに加え、基礎レベルとアソシエイトレベルの復習も合わせて行いましょう。

わかりやすい図説で直感的にも理解できます。

また、公式から提供されているため、無駄なくもれなく学習できる良さもあります。

対策③:公式の模擬試験

最後の確認として、公式から提供されている模擬試験を受けましょう。

何回でも解き直すことができるように、模擬試験中に問題と選択肢をスクショすることをオススメします。

わからない問題がなくなるまで、徹底的に解きなおしましょう。

DevOpsエンジニアに必要な資格

DevOpsエンジニアを目指すのであれば持っておきたい資格を紹介します。

  • 入門用クラウドプラクティショナー
  • 中級用アソシエイト
  • 上級用プロフェッショナル

それでは一つずつ見ていきましょう!

資格①:AWSクラウドプラクティショナー

AWSクラウドプラクティショナーは、AWSにおける基礎的なスキルを有していることの証明となります。

幅広くクラウドやインフラ、セキュリティの知識についても習得できるので、DevOpsエンジニアとしての一歩として最適な資格と言えるでしょう。

AWSクラウドプラクティショナーの試験内容や試験対策については参考記事をご確認くださいね。

参考:

資格②:AWSアソシエイト

AWSのアソシエイトシリーズは、デベロッパー・ソリューションアーキテクト・SysOpsアドミニストレーターの3種類です。

これらの資格を全て取得すれば、AWSのサービスにおける設計から開発、保守運用まで一貫したスキルを獲得できます。

それぞれの試験内容や試験対策については、以下の記事を参考にしてください。

資格③:AWSプロフェッショナル

AWSプロフェッショナルのうち、ソリューションアーキテクトでは、AWSサービスを用いた設計に関して高度なスキルを習得できます。

また、AWSDevOpsエンジニア資格は、AWSサービスの運用開発におけるDevOpsエンジニアを目指す上級者向けの資格となっています。

ソリューションアーキテクトに関しては参考記事をご確認くださいね!

参考:

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルまとめ

今回、AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルの試験概要や試験対策、DevOpsエンジニアに必要な資格まで、丁寧に解説してきました。

私がおすすめする試験対策は以下の通りです。

  • Udemy
  • 公式の無料デジタルトレーニング
  • 公式の模擬試験

これらを組み合わせて一発合格を狙いましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる