AWS認定デベロッパーアソシエイトとは?難易度や試験内容について解説

「AWS認定デベロッパー アソシエイト」という資格をご存知でしょうか。

この記事では、AWS認定デベロッパー アソシエイトの試験概要や試験対策について徹底的に解説します。

AWSを使ったアプリケーション開発スキルを持っている方にオススメの資格です。

それでは早速見ていきましょう!

目次

AWS認定試験とは?

AWS認定試験とは、世界的なクラウド環境サービスAWS(Amazon Web Services)が提供する認定プログラムのことです。

2021年現在で11種類の試験があり、大別して4つのレベルに分けられます。

コース名分野
基礎コースCertified Cloud Practitioner
アソシエイト(中級)デベロッパー
ソリューションアーキテクト
SysOpsアドミニストレーター
プロフェッショナル(上級)ソリューションアーキテクト
DevOpsエンジニア
専門知識機械学習
セキュリティ
データアナリティクス
アドバンストネットワーキング
データベース

AWS認定デベロッパー アソシエイトとは?

AWS認定デベロッパー アソシエイトとは、どのような試験なのか理解を深めましょう。

  • 受験概要
  • 受験対象者
  • 認定される能力

それでは一つずつ解説していきます。

受験概要

AWS認定デベロッパー アソシエイトでは、クラウドベースのアプリケーションで書き込みおよびデプロイを行う能力を認定します。

受験概要は以下の表にてご確認ください。

問題形式複数選択の全65問
実施形式ピアソン VUE および PSIテストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間130分間
受験料金(税別)15,000 円
言語英語、日本語、韓国語、中国語 (簡体字)

また、出題される問題とその比率は以下の通りです。

分野の詳細については、試験ガイドをご覧ください。

分野出題比率
デプロイ22%
セキュリティ26%
AWSサービスによる開発30%
リファクタリング10%
モニタリングとトラブルシューティング12%

受験対象者

AWS認定デベロッパー アソシエイトの受験対象は、AWSのアプリケーションの開発や保守における1年以上の実務経験がある方となっています。

具体的には、以下のような知識やスキルがあると良いでしょう。

  • AWS を使用したクラウドベースのアプリケーションの開発、デプロイ、デバッグ、およびサーバーレスアプリケーションのコードの記述について習熟していること
  • AWS のサービスの主要な特徴を識別し、AWS のサービスの API、AWS CLI、SDK を使用して、アプリケーションを記述する能力
  • クラウドネイティブアプリケーションの基本的な知識を活用してコードに記述する能力
  • AWS 上でコードモジュールを作成し、管理およびデバッグする能力

認定される能力

AWS認定デベロッパー アソシエイトで認定される能力は以下の通りです。

  • AWS のコアサービス、使用法、基本的な AWS アーキテクチャのベストプラクティスを理解していることを実証する
  •  AWS を使用してクラウドベースのアプリケーションを開発、デプロイ、デバッグする能力を有することを実証する

AWS認定デベロッパー アソシエイトに合格するための対策

AWS認定デベロッパー アソシエイトに合格するための対策について紹介します。

  • 参考書で勉強
  • 公式のサンプル問題
  • Udemy
  • 公式の模擬試験

一つずつ見ていきましょう!

対策①:参考書で勉強

まず、「AWS認定アソシエイト3資格対策~ソリューションアーキテクト、デベロッパー、SysOpsアドミニストレーター」にて、アソシエイトシリーズに必要な知識の概要を把握します。

この本は、どちらかと言えば実務経験がある人向けにざっくりとまとめられているので、分野外の方は他の参考書を取り入れるようにしてください。

具体的には、デプロイやセキュリティ、リファクタリング、モニタリングとトラブルシューティングなど幅広く知ることができます。

また、各分野の章末には模擬試験もあるため、知識の定着にも役立てることができます。

対策②:公式のサンプル問題

どのようなレベル感なのかザッと確認するために、1度はサンプル問題を解くことをオススメします。

サンプル問題で9割以上理解することができれば、合格間違いなしと言えるでしょう。

対策③:Udemy

Udemyで演習問題を特にであれば「Practice Exams | AWS Certified Developer Associate 2021」がおすすめです!

どのような問題が出題されるのか雰囲気を掴むことができます。

ただし、解説まで英語で説明されるため英語が苦手な方は翻訳機を使うと良いでしょう。

対策④:公式の模擬試験

サンプル問題やUdemyで学習した内容が通用するかどうか、受験前最後の確認として模擬試験を受講しましょう。

ただし、問題の正答は公表されず、分野ごとの正答率しか分からないので、ある程度自分で分析する必要があります。

9割以上理解することができるまで、何回でも復習しましょう。

また、自分のレベル感を知るために、他のアソシエイト試験であるソリューションアーキテクトとSysOpsアドミニストレーターの模擬試験を受けることも効果的です。

学習時間の目安はどれぐらい?

合格者の体験記を参考にすると、未経験からだと1日2時間勉強する時間を確保できるなら「1ヶ月程度」で取得できている人が多いです。

また、AWSの開発経験がある方ですと復習する分が少なく済むので、「2週間前後」で取得できるようです。

人によりけりなので、参考値として捉えるようにしてくださいね!

AWS認定デベロッパー アソシエイトまとめ

今回、AWS認定デベロッパー アソシエイトの試験対策や学習時間の目安について解説してきました。

オススメしたい試験対策は以下の通りです。

  • 参考書で勉強
  • 公式のサンプル問題
  • Udemy
  • 公式の模擬試験

必ずしも全てやる必要はなく、自分に合った勉強法を取り入れてくださいね

アソシエイトに無事合格すれば、次はプロフェッショナルに挑戦しましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる