AWS認定データアナリティクスとは?試験概要や難易度について解説!

データベース専用の資格の一つ「AWS認定データアナリティクス」という資格をご存知でしょうか。

この記事では、AWS認定データアナリティクスの内容やオススメの試験対策について徹底的に解説します。

これから試験を受けようと考えている人やデータ分析のスキルアップを図ろうとしている方は、ぜひ最後まで読んでくださいね!

目次

AWS認定試験とは?

AWS認定試験とは、世界的なクラウド環境サービスAWS(Amazon Web Services)が提供する認定プログラムのことです。

2021年現在で11種類の試験があり、大別して4つのレベルに分けられます。

コース名分野
基礎コースCertified Cloud Practitioner
アソシエイト(中級)デベロッパー
ソリューションアーキテクト
SysOpsアドミニストレーター
プロフェッショナル(上級)ソリューションアーキテクト
DevOpsエンジニア
専門知識機械学習
セキュリティ
データアナリティクス
アドバンストネットワーキング
データベース

AWS認定データアナリティクスとは?

AWS認定データアナリティクスについて、まずは以下の項目を確認しましょう。

  • 受験概要
  • 受験対象者
  • 認定される能力

それでは一つずつ解説していきます!

受験概要

AWS認定データアナリティクスは、AWS のサービスを活用した分析ソリューションの設計や構築、セキュリティ強化、保守に関する経験と専門知識を持つ人を対象とした資格です。

受験概要は以下の通りです。

問題形式複数選択の全65問
実施形式テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間180分間
受験料金(税別)30,000 円
言語英語、日本語、韓国語、中国語 (簡体字)

また、出題される問題とその比率は以下の通りです。

分野の詳細については、試験ガイドをご覧ください。

分野出題の比率
収集18%
ストレージとデータ管理22%
処理24%
分析と可視化18%
セキュリティ 18%

受験対象者

AWS認定データアナリティクスの受験対象者は、データ分析における5年間の経験、および、AWSのサービスを使用して分析用のサービスや製品を設計・構築・保守を行う業務にて、2年間の実践的な経験や専門知識を有する者となっています。

認定される能力

AWS認定データアナリティクスで認定される能力は、以下の通りです。

  • AWSのデータ分析サービスを定義し、各サービスを統合する方法についての理解
  • データの収集・保管・処理・可視化において、最適なAWSサービスについて説明できる

ただし、AWS認定データアナリティクスでは、機械学習のアルゴリズムの実装能力については求められません。

AWS認定データアナリティクスに合格するための対策

AWS認定データアナリティクスへ一発合格するために、オススメの対策は以下の通りです。

  • 公式のサンプル問題
  • Udemyで学習
  • 公式の模擬試験

それでは一つずつ確認しましょう。

対策①:公式のサンプル問題

「どのようなレベル感なのか」や「どういう傾向があるのか」を確認するために、1度はサンプル問題を解くことをオススメします。

ただし、本番の試験と比較しだいぶ簡単に作られているので、注意してください。

サンプル問題を9割以上理解することができれば、合格間違いなしと言えるでしょう。

対策②:Udemyで学習

Udemyで学習するのであれば「AWS Certified Data Analytics Specialty 2021 – Hands On!」がオススメです!

ハンズオンなので実際に手を動かしながら確認できるメリットがあります。

また、各分野ごとに小テストも用意されているので、しっかりと確認しながら学ぶことができます。

Udemyであれば、セール期間にお安く買うことができるため試験が近ければお買い求めくださいね!

対策③:公式の模擬試験

参考書やUdemyで学習した内容が通用するかどうか、受験前最後の確認として模擬試験を受講しましょう。

ただし、回答がないため答え合わせは自分でしなければならないので、注意してください。

データサイエンティストにオススメの資格

データサイエンティストを目指す方やデータサイエンティストに関連するスキルを身につけたい方にオススメの資格を紹介します。

  • Python3 エンジニア認定データ分析試験
  • E資格
  • データスペシャリスト試験

一つずつ見ていきましょう!

資格①:Python3 エンジニア認定データ分析試験

「Pythonエンジニア認定データ分析試験」は、Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験です。

受験概要は以下の通りです。

受験料金一般:1万円(税別)学生:5千円(税別)
試験会場全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター
試験時間60分
テスト問題形式40問の全選択問題
合格ライン正答率70%

また、問題は主教材の「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」より出題されます。

具体的には、Numpyやscikit-learnなどのPythonの基礎や線形代数・確率統計などとPythonの主要ライブラリや数学に関する知識が問われます。

資格②:E資格

「E検定」は、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力や知識があるかどうかを認定します。

E資格の注意点として、JDLAが認定するプログラムの受講を修了した場合にE資格の受験が可能になります。

E資格認定講座やJDLAについては、参考記事にて詳しく解説していますのでご確認下さい!

参考:キカガクのE資格JDLA認定プログラムを現役エンジニアの目線でチェック

E資格の試験範囲は以下の通りです。

JDLA認定プログラム修了レベルの出題なので、認定プログラム講座を受ければそこまで難しいテストではありません。

応用数学線形代数、確率・統計、情報理論
機械学習機械学習基礎、実用的な方法論
深層学習順伝播型ネットワーク、深層モデルのための正則化、深層モデルのための最適化、畳み込みネットワーク、回帰結合型ニューラルネットワークと再帰的ネットワーク、生成モデル、強化学習、深層学習の適応方法
開発・運用環境ミドルウェア、軽量化・高速化技術

資格③:データスペシャリスト試験

「データベーススペシャリスト試験」は、膨大なデータを管理しパフォーマンスの高いデータベースシステムを構築する能力を測ります。

顧客のビジネスに活用できるデータ分析基盤を提供しなければならないデータベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す方に最適です。

受験料金5,700円
試験時間合計300分
テスト問題形式多肢選択式と記述式
合格ライン4つの試験全てで100点満点中50点以上

試験内容は、データベースに関する企画・要件定義・開発・運用・保守するための知識が問われます。

AWS認定データアナリティクスまとめ

今回、AWS認定データアナリティクスの試験対策について解説してきました。

  • 公式のサンプル問題
  • Udemyで学習
  • 公式の模擬試験

AWS認定データアナリティクスは、上記以外にも公式から対策用の教材が多数提供されています。

自分に合った教材で勉強して、一発合格を目指しましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる