AWS アドバンストネットワーキング−専門知識とは?試験概要や難易度について解説

「AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識ってどんな資格?」

「ネットワークのスペシャリストを目指すために、必要な資格はある?」

この記事では、AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識の試験内容や試験対策について徹底的に解説します。

ネットワークエンジニアとしてスキルアップを目指したい人はぜひ最後まで読んでくださいね!

目次

AWS認定試験とは?

AWS認定試験とは、世界的なクラウド環境サービスAWS(Amazon Web Services)が提供する認定プログラムのことです。

2021年現在で11種類の試験があり、大別して4つのレベルに分けられます。

コース名分野
基礎コースCertified Cloud Practitioner
アソシエイト(中級)デベロッパー
ソリューションアーキテクト
SysOpsアドミニストレーター
プロフェッショナル(上級)ソリューションアーキテクト
DevOpsエンジニア
専門知識機械学習
セキュリティ
データアナリティクス
アドバンストネットワーキング
データベース

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識とは?

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識とはどのような試験なのか理解を深めましょう。

  • 受験概要
  • 受験対象者
  • 認定される能力

それでは一つずつ解説していきます。

受験概要

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識では、AWSサービスに対応するネットワークアーキテクチャの設計と維持に関する専門知識を問います。

受験概要は以下の表にてご確認ください。

問題形式複数選択の全65問
実施形式テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間170分間
受験料金(税別)30,000 円
言語英語、日本語、韓国語、中国語 (簡体字)

また、出題される問題とその比率は以下の通りです。

分野の詳細については、試験ガイドをご覧ください。

分野出題比率
ハイブリッド IT ネットワークアーキテクチャの大規な設計お よび実装24%
AWSネットワークの設計と実装28%
AWSタスクのオートメーション8%
アプリケーションサービスとのネットワーク統合の構成14%
セキュリティとコンプライアンスの設計と実装12%
ネットワークの管理、最適化、トラブルシューティング 14%

特に、比率が高い「AWSネットワークの設計と実装」については、VPCの仕組みについての説明や要件に応じて、AWSコンソールやAWS ツールを使用してVPC・サブネット・ルートテーブル・ネットワーク ACL を作成する能力などが問われます。 

受験対象者

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識では、ネットワークソリューションのアーキテクチャの設計と実装に関して5年間の実践的な経験がある方を対象としています。

具体的には、以下のようなスキルや経験が求められます。

  • AWS技術やAWSセキュリティ、AWS ストレージオプションとその基礎となる整合性モデルの活用と、AWSネットワークとその他AWSサービスとの統合における専門的な経験
  • 高度なネットワークアーキテクチャとVPNやMPLSなどの相互接続オプションに関する知識
  • オートメーションスクリプトとツールの開発に精通
  • CIDR とサブネット 、IPv6 移行の課題、AWS WAF、侵入検知システム (IDS)、侵入防止システム (IPS)、DDoS 保護、EDoS (Economic Denial of Service/Sustainability) などのネットワークセキュリティ機能の一般的なソリューションに関する知識

認定される能力

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識に合格すると、以下のような能力を有していることになります。

  • AWSを使用してクラウドベースのソリューションを設計、開発、デプロイする  
  • 要件に従いAWSの主要サービスを実装する 
  •  AWSの全サービスのネットワークアーキテクチャを設計、メンテナンスする
  • ツールを使ってAWS ネットワーク業務を自動化する 

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識に合格するための対策

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識に合格するための対策について見ていきましょう。

  • 公式の参考書
  • BlackBeltを読む
  • 公式の模擬試験を受ける

それでは一つずつ確認していきましょう!

対策①:公式の参考書

AWS認定試験には珍しく、AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識には「AWS Certified Advanced Networking Official Study Guide: Specialty Exam ペーパーバック」という公式の参考書があります。

約300問と提供されている問題数が多く、回答の解説も丁寧についているので参考になります。

専門用語に対する英語は翻訳機を使って勉強するようにしましょう。

対策②:BlackBeltを読む

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識のおすすめのBlackBeltはこの2つです。

特に、BlackBeltではVPCやVPNに関する知識を補完するようにするとよいでしょう。

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識は勉強素材が少ないので、BlackBeltは重宝できます。

対策③:公式の模擬試験を受ける

参考書やBlackBeltで学習した内容が通用するかどうか、受験前最後の確認として模擬試験を受講しましょう。

ただし、回答がなく答え合わせは自分でしなければならないので注意してください。

何度も解き直して、自信をつけましょう!

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識を取得するメリット

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識を取得するメリットについて解説します。

  • AWSに関する業務理解が進む
  • ネットワークエンジニアのスペシャリストを目指せる

それでは一つずつ確認していきましょう!

メリット①:AWSに関する業務理解が進む

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識を勉強する過程で、AWSを使用したソリューションを設計や開発、デプロイに関する知識やネットワークアーキテクチャを設計、メンテナンス、テストの自動化まで大体こなせるようになります。

AWSに関する業務理解が進むため、企業で重宝される存在となるでしょう。

メリット②:ネットワークエンジニアのスペシャリストを目指せる

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識に合格すれば、AWSを使ったネットワークに関する知識やスキルを有するデジタルバッジをもらうことができます。

デジタルバッジは、ソーシャルメディアや電子メールの署名に添付する事ができます。

また、職務履歴書にも記載することができる資格なので、ネットワークエンジニアのスペシャリストとして転職する際に役立てることができます。

AWS アドバンストネットワーキングのまとめ

今回、AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識の試験対策やメリットについて解説してきました。

解説した試験対策は以下の通りです。

  • 公式の参考書
  • BlackBeltを読む
  • 公式の模擬試験を受ける

AWS認定アドバンストネットワーキング−専門知識に合格することで、AWSについての理解を深めることができるだけでなく、転職する際のアピール材料としても有効と言えます。

今回紹介した対策法を参考にして、一発合格を目指しましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる