【2022最新版】Swiftを学習するときにおすすめの本6選!

Swiftを学ぼうと思った時に、どの本で学んだら良いか悩むことがあるかもしれません。

Swiftを独学で学ぶ時も挫折するのでは…と不安に感じることもあることでしょう。今回は、Swiftを勉強する時におすすめの本を紹介します。

目次

Swiftとは

Swiftは、Apple製品に特化したプログラミング言語で、Apple社製品向けのアプリ開発が可能となります。オープンソース化され、Apple社製品向けアプリ開発の現場で人気のプログラミング言語です。Swiftを学習するロードマップについては、『Swiftの学習ロードマップをわかりやすく解説!』にて解説しているので、合わせて参考にしてください。

ここでは、Swiftの特徴を紹介します。

  1. 高速なパフォーマンスが可能
  2. 安定性が高く不具合やバグが起こりにくい
  3. Swiftはモダンなプログラミング言語
  4. Objective-Cとの互換性がある
  5. 開発にはXcodeを使用する

それぞれについて解説します。

特徴①:高速なパフォーマンスが可能

Swiftはプログラムの処理が速くパフォーマンスが良い点が特徴的です。プログラム実行速度は、Objective-Cより最大2.6倍、Python 2.7よりも最大8.4倍もの速さと言われており、アプリが軽快に動作します。

処理速度が速いため、開発時の確認作業もスムーズに行え、ユーザビリティの点も優れていると考えられます。

特徴②:安定性が高く不具合やバグが起こりにくい

安定性が高く、バグ・エラーなどの不具合が起こりにくい特徴があります。コンパイル言語のため、バグの原因となるコードを自動で見つけ出してくれる特徴があり、プログラマーの作業が最低限で抑えられます。そのため、エラーやバグを探す時間を削減する特徴もあります。

特徴③:Swiftはモダンなプログラミング言語

Swiftは、記述するコードがシンプルのため、読み書きがしやすい点が魅力的です。プログラマーは多くのコードを記述するので、大きなメリットでしょう。Objective-Cに代わる言語のため、Objective-Cで手こずっていた方でも簡単にアプリ開発を取り組めるようになりました。プログラミング初心者でも、簡単にApple社のアプリを開発できるようになります。

特徴④:Objective-Cとの互換性がある

Objective-Cとの互換性がある特徴もあります。Objective-Cの悪いポイントを改善した言語と言えるので、アプリ開発の途中から言語を切り替えたり、スムーズに新しい言語を取り入れられたりする特徴があります。Objective-Cのライブラリを活かしたまま開発ができます。

特徴⑤:開発にはXcodeを使用する

Xcode

Swiftでの開発では、Apple社が提供しているアプリ開発のための統合開発環境「Xcode」を使用します。開発に必要な機能が揃っており、Xcodeだけでアプリ開発に取り組める点が特徴的です。App Storeで無料配布されているのでインストールすれば誰でも使用できます。

この手軽さがSwiftの魅力と言えるでしょう。

Swiftのメリット

Swiftには次のようなメリットがあります。

Swiftのメリット

  1. コードがシンプルで初心者でも取り組みやすい
  2. リアルタイムで動作確認ができる

それぞれについて解説します。

メリット①:コードがシンプルで初心者でも取り組みやすい

Swiftは、プログラミング初心者にもおすすめのプログラミング言語です。文法がとても簡素なため、覚えやすい特徴があります。プログラミング言語は、改行にセミコロン「;」を用いりますが、これが不要です。

また、自動で型を判定する「型推論」という機能があり、変数を指定する時に型の指定をせずとも直感的なコーディングができます。コードがシンプルなのは、プログラマーにとってのメリットとなります。

メリット②:リアルタイムで動作確認ができる

Swiftの開発ツール「Xcode」は、その場でプログラムの動作確認ができる機能の「Playground」があります。Playgroundを使うと、コーディング中に動作確認ができます。コードのバグ・ミスにその場で気付くことができるため、開発時間の短縮に繋がる点が魅力的です。

また、プログラムの内容を同時並行で確認できるので、初心者でもコードミスを見つけやすいメリットがあります。

おすすめSwift本

おすすめのSwiftの本を紹介します。

SwiftUI 対応 たった2 日でマスターできる iPhone アプリ開発集中講座 Xcode 13/iOS 15/Swift 5.5 対応

iPhoneアプリ開発の初心者に向けた入門書で、SwiftUIに完全対応した本です。難しいプログラミング文法の説明は最小限にまとまっており、Xcodeの使い方を学ぶところから、アプリ開発を体験しつつアプリ開発の「勘」を掴める内容となっています。

[増補改訂第3版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus

Swiftの言語仕様・実践的な利用方法を解説した入門書です。簡潔な言語であるからこそ、しっかりとSwiftの仕様を理解し、どういう風に扱えばよいのかを勉強していきます。「なぜ」「いつ」を解消できることに着目した内容となっています。

iOS/macOS UIフレームワーク SwiftUIプログラミング

SwiftUIの使い方をサンプルプログラムを用いて学習します。Swift独自のオブジェクト指向についても、ハンズオン形式で書きながら実行し学んでいきます。文法知識に不安がある人も、復習して知識を深められる特徴があり、効率よく学べるのでおすすめです。

基礎から学ぶ SwiftUI

SwiftUIは、Swiftの特徴や機能を活かしたユーザーインターフェイスを作るためのフレームワークです。ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供することがコンセプトとなっており、短いコードで高度なユーザーインターフェイスを構築できるようになります。

詳解 Swift 第5版

Swiftの言語仕様・実装の改良が行われ続けているプログラミング言語です。SwiftUIというものが突然発表され、世界中が記述方法に衝撃を受けました。この本では、踏み込んだ内容やSwiftUIの記述方法の背景についても触れながら学習を進めていく内容となっています。

1人でアプリを作る人を支えるSwiftUI開発レシピ (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

SwiftUIでアプリを作りたい人のために、レイアウトシステムや基本Viewの使い方などを掲載しています。自分の思い通りのアプリを作れるようになる本です。Swiftの基本なども学びながら実践的な勉強をしましょう。

まとめ:Swiftを学習して、iOSアプリを開発してみよう。

Swiftは、Apple社製品共通の新しいプログラミング言語です。iOSやmacOSアプリの開発で主流のものとなっています。将来性があるプログラミング言語のため、今のうちに勉強をして知識・スキルを身につけておくことがおすすめです。本でSwiftについて、しっかり勉強しましょう。

あわせて読みたい
【現役エンジニア推薦】UdemyでおすすめのSwift講座7選! 皆さんは、Swiftというプログラミング言語をご存知でしょうか。iPhoneやMac向けのアプリケーション開発に挑戦したいと思った時、どのように学習したらいいのか悩んだことあるかもしれません。今回は、動画型学習プラットフォームでSwiftを学ぶおすすめ講座を紹介します。
あわせて読みたい
【独学での勉強方法】Swiftの学習ロードマップをわかりやすく解説! 皆さんは、Swiftを学習しようと思った時、何から手をつけたらいいのか悩むことがあるかと思います。Swiftの特徴などを紹介しながら、iOSアプリの開発に必要なSwiftを学習する方法のロードマップを紹介します。Swiftを学習して、自分でiOSアプリ開発に挑戦してみましょう。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる