動画編集について通信講座で学ぶ!

スキルアップ

今、動画編集がアツい!

現在、どの業界でも動画の需要は非常に高まっています。企業宣伝やホームページには必ずといっていいほど動画が載せられるようになりました。

YouTubeの人気も相変わらず世界的に高く、Youtuberはどんどんと増加する一方です。中にはVRを駆使したVtuberといったものまで登場しました。

TwitterやInstagramをを始めとしたSNSでも動画による広告は活発です。SNSは拡散力が高いので、コンテンツに力を入れる企業や団体は非常に多いです。

他にも数えきれないところで、動画は必要とされています。だからこそ動画編集を仕事にする価値が高まっているのです。そんな動画編集ですが、学ぶとしたら通信講座を強くお勧めします。理由としては多くのメリットが存在するからです。

今回は、動画編集を仕事にする際に決めておくべきことや、通信講座のメリットについて詳しく解説していきます。是非、動画編集に興味を持っていただいている方へのサポートになればと思います。

動画編集を学ぶ目的を定めよう!

漠然と動画編集について学びたいといった気持ちからは早いタイミングで脱しましょう。しっかりとどのような動画編集をしたいのか、動画編集者になりたいのか定めましょう。

その方が、将来の自分に対するビジョンが定まるのでおすすめです。動画編集に対するモチベーションも定まっていくはずです。

自分が限られたジャンルを編集したいのか、もしくはマルチな方面で動画編集ができるようになりたいのかでも変わってきます。どういう風に動画編集に携わっていきたいかは早いうちにイメージを固めましょう。

また、仕事にするのであれば働き方も明確に定めておきましょう。フリーランスとして働いていくのか、どこかの企業に属して働いていくのか決めておくべきです。

通信講座で学ぶメリット①~自分のペースで学べる~

通信講座で動画編集を学ぶ際には、いつでも自分の好きなタイミングで学びやすいのが、最大のメリットではないでしょうか。時間的な縛りを受けずに学べるのは大きいです。

スクールなどでは決められた時間に通う必要があるので、自分の好きな時間に好きなだけ勉強できるのは、通信講座のいい所です。

自分でスケジュールを計画的に組んで、空いた時間には好きなこともできます。そういったスタイルで学びたい方には強く通信講座で、動画編集を学ぶことをおすすめします。

通信講座で学ぶメリット②~場所を選ばず学べる~

マイペースに学べるのも強いメリットですが、自宅やカフェなど場所を選ばずに学べるのも大きなメリットの1つです。

インターネット環境とパソコンや、タブレット、スマホといった通信機器があれば、基本的にどこでも学べます。

最近ではコロナウィルスの影響もあり、スクールに通うのは抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。なので、そういった方が動画編集を学びたい場合は、通信講座が向いていると思われます。

通信講座で学ぶメリット③~スクールに比べると安い~

スクールに通うと、長期的に通うことになることが多いので、まとまった料金がかかる場合が多いです。スクールにもよりますが、比較的値段は高い傾向にあります。

スクールと比較すると、通信講座の方が安い傾向にあります。人件費の有無もあり、相対的に安く済むことが多いです。

マイペースに学べ、場所も自由で、お値段も安いという三拍子揃った魅力が、通信講座の主なメリットになります。自分の性格と照らし合わせて決めていきましょう。

番外編 動画編集ソフトが安く買えることがある

通信講座の会社にもよりますが、Adobe CCなどの有名な動画編集ソフトが通常より安く買えることもあります。会社を経由して買うことで安くなる方式のところが多いそうです。

動画編集のソフトは基本的に価格が高いものが多く、定価で買うと結構な値段になります。ですが、こういった制度を活用していくことでお得に編集ソフトを揃えられます。

もちろん、全ての通信講座の会社がそういったキャンペーンを行っているとは限りません。なので、きちんと事前に確認しておくことが大切です。

まとめ

動画編集は世界的に需要の高まっているスキルです。極めていけば、きちんと仕事として成り立っていきます。

動画編集に興味があるのなら、フリーランスで働くのか、正社員として働くのかなどもきちんと事前に決めておきましょう。最終目標を決めることでより鮮明なビジョンと、モチベーションが築けます。

そこで、通信講座で学ぶことをおすすめします。コストパフォーマンスや、場所や時間を選ばないのは強いメリットです。編集ソフトも安く買える場合もあり、かなりお得です。

是非、ご自身の性格や目標に照らし合わせて、動画編集者への道を決めていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました