通年採用の開始により早まる就活。サマーインターンの実態についてお教えします。

学生 就活

サマーインターンとは?

夏休みの期間を利用した学生を対象とした職業体験ですが、正式な就職先を決めるその前に、企業の仕事内容を知ることができ、実際に自分の目で見て確かめることのできる大変貴重な体験です。

夏休みの期間中に行われるため、比較的学生は予定が立てやすく、忙しい学生でもたいてい1週間程度なら時間をつくることができると思います。将来の自分の為にさく時間であれば、長期休みの間の1週間など、たかがしれているでしょう。

めぼしい企業の仕事内容を理解し、納得したうえで自分が本当に志望したい企業かどうかを選ぶことができ、理想や先入観にばかりとらわれず、現実的に判断しながらの就職活動を行っていくことができるメリットは非常に大きいと考えます。

また、これは学生側だけではなく、企業側にもメリットがあり、インターンに参加した者の中に優秀な学生がいれば、他社にとられる前に内定を出し、自社に引き抜くという事ができるのです。学生側は体験をとおして気になる企業のリアルな社内の雰囲気を知ることができ、企業側は優秀な学生に早い段階から目をつけ接点を持つことができる。お互いのニーズを満たすことができ、より両者が積極的になれる、これがサマーインターンです。

何社エントリーしたの?

ではこの貴重な就職活動に向けての情報収集の場ともなるサマーインターンですが、実際に参加するとなった時、何社くらいエントリーするのが普通なのか、疑問に思うところだと思います。

少ないと貴重な時間、多く参加している学生よりもチャンスを逃してしまっているのではないかと気になるでしょう。また、多すぎるとそれはそれでどこの企業が自分にとって良かったのか、見れば見るほど絞りにくくもなるように思います。

個人個人見たい社数は異なると思いますが、何社くらいエントリーするのが妥当であるのか、ここは、実際にサマーインターンに参加された先輩方の意見を参考にみていきましょう。

・エントリーの平均は3社

サマーインターン経験者の平均エントリー社数は、3社という報告が多くみられます。平均は3社ですが、2015年度以降、参加者&エントリー社数は年々増加傾向にあることから、これから先、エントリー社数の平均数は、年々増えていくのではないかと予想されます。

ただ、これはあくまで平均ですので、インターン参加者の中には1から3日間等の短期での参加。1ヶ月程の長期での参加の両方のパターンの方がおり、その数を含めた数字であることには注意していただきたいです。そう考えると、日数は多くても数としては1社としかカウントされず、日数はすくなくても5社等というケースも十分にありえますので、個人的にはエントリーした数というものには、そんなに拘る必要はないのかもしれないと思っています。しかし、自分が興味のある会社がいくつかあるという方は、この機会に興味のある会社を比較し、最も自分が働きたいと思える会社を絞る為にも、比較検討を目的とした利用をすることが最適ではないかと思います。

実際に参加した社数は?

では、実際に参加した数は一体いくつくらいなのかみていきたいと思います。

実際に参加された数の最も多かったのが、1DAYインターンです。この1DAYインターンですが、参加者の多くは、できるだけ気軽に参加し、体験してみたいという声が多く、中でも日数は1日という最も最短での希望の声が最多なのだそうです。

学生側からしてみれば、短期で貴重な体験ができるのはメリットであるといえますが、期間が短い為に、企業側の印象に残りにくくなるというデメリットもあるといえます。また、長期の方が中身も充実した濃いものとなり、自分の印象も残しやすくなるということがあるようです。

実際のサマーインターン参加率

サマーインターンのエントリー数、参加社数の平均をみてきました。最後に、実際の参加率をみていきましょう。

2015年度では5割程だった参加率ですが、2018年度では7割にまで増えています。3年間の間に、2割り以上増えており、インターンへの学生の興味、最短での成功への道のり、そして企業側の積極的な取組がこの参加率上昇の背景にあるのかなと感じます。

しかし、その一方で残りの3割の方たちはインターンに参加していないということになります。インターンは参加するというだけでも充分メリットのある体験ですので、参加だけでもしていれば、この3割の方たちよりは就職の際有利になれるのではないかと思います。

まとめ

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、採用数を減らしたり、インターンを行わない企業も出てきているようです。しかし、インターンもオンラインでの会話ツールを使って開催される企業も出てくる可能性がある為、参加希望の場合は機材やネットワーク環境を整えたり、意中の企業の情報は常にチェックしておくようにすると良いでしょう。

書籍やネットの情報では掴み取ることのできない、気になる企業の仕事を学べる絶好のチャンス!

サマーインターンに参加しようか迷っている皆さん、是非この機会を利用し、積極的にchallengerとなり、素敵な未来を掴み取って下さい。

dodaキャンパス 】はプロフィールを入力すると、企業の採用担当者から早期インターンや特別な採用オファーが届く、逆求人&オファー型就活支援サービスです。
登録企業数は6200社以上!ベネッセが運営するサイトなので就活のテクニックが学べる成長支援サービスも無料で受けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました