SES営業代行とは?【副業にもおすすめ!】

キャリア

SES営業代行と聞いてすぐに分かる人と、イメージが沸きづらい人がいると思います。

SES営業代行ってナニ?

SES営業代行のメリット・デメリットはどんなもの?

本記事ではSES営業代行とは何か?SES営業代行を副業で行う際のメリット・デメリットについて解説します。

\問い合わせはこちらから/

SES営業代行とは

SES営業代行は一般的には営業代行仲介会社と業務委託契約をして、フリーランスのエンジニアをクライアント企業へ提案する営業行為を代行する仕事です。

昨今エンジニア不足でどこの企業もエンジニアを募集していますが、フリーランスで仕事を探すことが難しく、SE経験者やSES営業経験者が副業で自身の常駐先や、以前の取引先にエンジニアを提案する営業代行が増えてきています。

契約は業務委託契約が多く、雇用契約ではないためサラリーマンの副業として人気です。確定申告は必須ですが、営業代行で得た収入を「雑所得」として確定申告する為、会社にばれることなく副業を行うことが可能です。

SESとは

SES(System Engineering Service)とは、クライアント企業で技術者が常駐し、プログラム開発やインフラ基盤運用などのエンジニア業務を行うサービスの事です。派遣とよく似ていますが、SESと派遣は全く別のものです。

SESと派遣の大きな違いは「業務の指示命令者が誰か?」という点と契約内容です。それぞれの指揮命令系統は以下です。

  • SES:SES会社のプロジェクトリーダー
  • 派遣:クライアント企業の担当者

また、契約内容については派遣は厳密な「労働者派遣契約」に基づいて契約するのに対し、SESは「準委任」と言われる請負契約のような契約を結ぶことです。昨今準委任契約について見直しの流れもありますが、現状ではシステム開発の現場では派遣契約よりSESでの契約が多く結ばれています。

SES営業代行の業務内容

SESの発注から業務開始までの流れは大まかに以下の通りです。

  • クライアント企業から人材要望を受ける
  • 自社のエンジニアの中からスキルマッチする人材を提案する
  • クライアント企業と顔合わせをする
  • 契約を取り付け、業務を開始する

基本的にはシステム会社などに所属している社員を提案しますが、SES営業代行は「個人事業主」のエンジニアを仲介会社へ紹介し、紹介フィーを受け取るビジネスモデルです。

\問い合わせはこちらから/

SES営業代行を副業でおすすめする理由

ここではSES営業代行を副業でおすすめする理由を以下2点について解説します。

初期投資が不要

SES営業代行は初期費用が不要です。事務所を構える必要もないですし、法人化も不要です。SES営業代行で必要な事は人脈です。人脈とは「提案先のクライアント企業」である需要と「提案するフリーエンジニア」の供給を確保する事です。

初期費用が不要でサラリーマンが副業として始めやすいですが、当然提案先がなければエンジニアの知り合いが多くても意味がないですし、クライアント企業からの需要が多くても供給するフリーエンジニアの知り合いが少ないと成り立ちません。

また、初期費用は不要ですがクライアントやエンジニアとの連絡手段(携帯代)やPC端末費用、通信費(モバイルルーター)などは必須です。

毎月固定収入が得られる

SES営業代行では大きく以下の収益形態を取る事が多いです。

  • 契約が成立した時に紹介フィーをもらう
  • 毎月利益率の1%~5%の紹介フィーをもらう

契約が成立したときに紹介フィーを受け取る場合は、受注額の10%~20%が一般的です。エンジニアをクライアント企業に月額800,000円-で提案した場合は受け取れる紹介フィーは80,000円です。

また、毎月定額で受け取る場合は提案先企業の利益率の1%~5%を受け取る事が出来ます。SESの利益率は少ない会社で10%、大手などでは20%以上利益率を確保しています。その中から毎月数%のフィーを受け取る事になります。

\問い合わせはこちらから/

SES営業代行のデメリット

SES営業代行を副業で行うデメリットとしては以下があげられます。

  1. 要望確認から受注まで工数がかかる
  2. 契約締結後、スキルアンマッチの場合クレームに繋がる
  3. 経費がかかる

クライアントから人材要望を確認し、要員を探して提案。クライアントとの面談から契約締結まで事務処理を含め数日から長ければ1ヶ月かかる場合もあります。また、工数をどれだけかけてもアンマッチの場合は報酬は0です。

契約締結後に要員のスキルシートに不備や虚偽があった場合、与えられた業務をこなせないためにクレームに繋がるケースも多くあります。このようなクレームを防ぐために、スキルシートは実態に即して記載する、面談の際に「出来ない事を出来る」と言わないことなどがあげられます。

また、要員との打ち合わせやクライアントとの打ち合わせ、面談、契約後の初日同行など交通費や喫茶店での打ち合わせ費用、携帯代やPC端末費用、通信費なども経費としてかかります。契約が締結できない場合はこれらの経費を自分で持ち出す事となります。

まとめ

今回はSES営業代行について、サラリーマンの副業におすすめの理由やメリット・デメリットについて解説しました。以下に本記事で触れた内容をまとめていますので営業代行を副業として考えている方は参考にしてください。

【SES営業代行のメリット】

  • 初期費用が不要
  • 毎月固定収入を得られる

【SES営業代行のデメリット】

  • 要望確認から受注まで工数がかかる
  • 契約締結後、スキルアンマッチの場合クレームに繋がる
  • 経費がかかる

以上のメリットとデメリットをしっかり理解して副業へ挑戦してみてはいかがでしょうか。

\問い合わせはこちらから/

コメント

タイトルとURLをコピーしました