【就活面接】自己紹介で何話す?

就活

就活の場において、自己紹介は大切です。自己PRと違って、強みというよりは、自分の人となりを簡潔に説明する必要があります。

自己紹介を上手く行えたかどうかで、面接官の印象を左右するといっても過言ではありません。何を話すか、そして、きちんと話せるかが大切となっています。

この記事では、就活における面接で話すべきことや注意点などを紹介します。

自己紹介の重要性

前述したように、就活の場において、自己紹介は大切です。

明るくハキハキと答えられると良いでしょう。自己紹介で明るいイメージを面接官に持たせられれば、より有利に面接を進めることが出来ます。

さらに、自己紹介が話したことが入社後の印象を左右する可能性もあります。そういったところは細かく、きちんと見られているものなのです。

上記のように、自己紹介は就活において印象を大きく左右するものなので、改めて心に留めておきましょう。

ここならオンラインで就活に有利な技術などを学べます
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

自己PRと混同しない内容にする

先ほども申し上げた通り、自己紹介は自己PRとは違います。自分の強みを伝えるというよりかは、自分の人間性、そしてどういう経験を積んできたのか伝えるものです。そこをまずは念頭に置いておきましょう。

もし、自己PRと変わらないようなことを自己紹介の場で述べてしまうと危険です。自ら、自己PRと、自己紹介の区別が付いていないことを証明してしまうようなものです。

自己紹介の文を作ったのであれば、自己PRの文章と必ず比べてみましょう。内容が似通っているのであれば、修正する必要も出てきます。きちんと内容を差別化すべきです。

自己PRで自分の強みを的確に伝え、自己紹介で自分がどんな人間か簡潔に説明できれば、面接に有利になります。そういったポイントは是非、意識してみてください。

自分の適性を調べるならここがおすすめ!
自分の適職を探そう

自分の人間性を簡潔に伝える

自己紹介の文を考えていると、色々詰め込んでしまい、ついつい長くなってしまうこともあるかと思います。しかし、あまりに内容が長くなるのは就活の場においては、よろしくありません。

就活の自己紹介は、1分程度で説明できる簡潔なものが望ましいとされています。実際に「1分で自己紹介をしてください」なんて言われることも珍しくありません。

文章にすると大体、250~300文字程度を意識すると良いと言われています。その文章量で大体1分くらいのボリュームになります。もちろん自分で練習時に確認しておきましょう。

会社によっては、30秒だったり、2分だったりとばらばらかもしれません。どんな時間でも答えられるように30秒、1分、2分のパターンは考えておくと安心かと思われます。複数のパターンを用意しておけば、きちんと焦らずに対応することも可能でしょう。

自己紹介の文は無駄なく、簡潔に伝えられるように内容を考えるクセを付けましょう。

自分に合った企業を探すなら特典付きのここがおすすめ!
就職エージェントサービス「JobSpring」

過去の経験をどう活かしたいか話す

自己紹介の中身には、自分の今までの経験を盛り込むと話しやすいと思われます。そして、その会社ごとに合わせて、どのように活かしたいか伝えましょう。

会社に入って何がしたいかによっても変わってきます。例えば、会社に入って営業職で活躍したいのであれば、人前に立って話したり、交渉した経験などを話すといいはずです。

会社に入った後の自分をイメージして分析し、その理想像から逆算してどの経験を活かすように話すか決めましょう。その方が、文章の内容も浮かんできやすいと思います。

面接官に、きちんと会社で働く際のイメージと、それに結びついた自己紹介が伝えられれば、好印象に傾くはずです。なのでまずは、自己分析を徹底し、会社に入って何をしたいか、自分の経験でそこに結びつくものはないか探しましょう。

そういった一連の作業を行えば、自己紹介の内容を考えるのに苦労はしないはずです。

就活の強い味方!
ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』

趣味や特技を話してみよう

自己紹介を話すときに、必ずしも経験ではなく、趣味や特技を盛り込んで見ても面白いと思います。もちろん趣味や、特技を話す際もどのように仕事に活かせるのかは伝えましょう。

運が良ければ、面接官が同じ趣味や特技を持っていて、話しが進むこともあるかもしれません。そうなれば、より楽しく面接を進められて、気持ちもリラックスできます。

自己分析をする際は、自分の趣味や特技についても細かく洗い出しましょう。そうすれば、自己紹介の文を考える時に、より楽になるはずです。

海外での就職を考えるなら
海外での就職に強い

まとめ

就活において、自己紹介をどう行うかは大事な評価ポイントです。簡潔かつ、自己PRとは差別化した内容を話す必要があります。

会社に入って何をしたいのか事前にイメージして、そこに結びつく経験や、趣味や特技を話しましょう。そうすれば、面接官からの評価も上がってくるはずです。

まずは自己分析を徹底して、話すネタを精査することが大切です。自己分析をしっかりすれば、そこまで特別なことをしなくても、自ずと立派な自己紹介が作り出せます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました