証券外務員ってどんな資格?取るべきはどんな人?

キャリア

証券外務員とはどんな資格なのか、ご存知でしょうか?

金融業界で働くなら必須とも言われる資格ですが、証券外務員一種、二種と分かれていたり他の金融関係の資格と似ていて紛らわしかったりするので、どういうものなのかはっきりと理解している人は少ないと思います。

本記事では証券外務員という資格について、この資格によってどんなことができるのか、どうすれば証券外務員になれるのか等も含めて解説していきます。

証券外務員とはどんな資格なのか

証券外務員は証券会社や銀行等の金融機関で、金融商品の取引業務を行う人のことです。金融商品というのは銀行預金や株式、投資信託などのことで、証券外務員は顧客に対してそうした商品の営業販売を行ったり、窓口でカウンタースタッフとして働いたりすることになります。

ちなみに証券外務員として働くにはただ資格を取るだけでなく、会社を通じて金融庁に証券外務員として登録する必要があります。

証券外務員の分類について

証券外務員はその中でも「証券外務員一種」「証券外務員二種」、さらにその中で「正会員」「特別会員」に分かれています。どんな違いがあるのか見ていきましょう。

証券外務員一種、二種の違いは何なのか

証券外務員の資格は一種、二種に分かれています。

違いについてですが、証券外務員一種であれば信用取引やデリバティブ取引といったリスクの大きい金融商品を取り扱うことができるのに対して、証券外務員二種だと基本的には現物取引にかかわる業務しか行うことができません。幅広く金融取引を行えるような知識を身に着けて出来る仕事の幅を広げたいという方は、証券外務員一種の資格を取るのが良いでしょう。

証券外務員正会員と特別会員の違いは何なのか

証券外務員一種、二種はさらにそれぞれ正会員と特別会員という資格に分かれています。基本的には証券会社で働く証券外務員が正会員、それ以外の銀行や保険会社等の金融機関で働く証券外務員が特別会員の資格を取ることになります。

ちなみに現在金融機関で働いていないという人は正会員の方しか受験することができませんが、正会員の資格さえあれば特別会員の仕事はすべてカバーできるので心配する必要はありません。

証券外務員の資格でできるようになること

前述したように、証券外務員の資格を取ることで金融商品の勧誘、販売を行うことが可能になります。金融商品は一歩間違えれば顧客に大きな損失をもたらす可能性もあるため、金融に関する幅広い知識を持ったプロが適切に取引する必要があり、そのために証券外務員の資格があるというわけです。

そして金融関連企業で働くならほとんどの場合早い段階で証券外務員の資格を取得することを求められると思います。特に銀行の場合金融商品の販売に携われないと仕事に支障をきたす恐れがあるため、入行前に取得しておくのがいいでしょう。

ただ、証券外務員の資格を持っていることはあくまで金融業界で働くための必要条件であり、採用に向けて大きく有利になるということはありません。近年金融業界でもITやAIが駆使されるようになり、人間がする仕事が減っていることもあって資格を持っているというだけでは就職につながりにくいということも理解しておきましょう。

証券外務員と関連資格の違いについて

証券外務員と関連した資格の中には、いったいどう違うのか分かりづらいものがあります。ここでは「FP(ファイナンシャルプランナー)」「証券アナリスト」との違いについて見ていきます。

証券外務員とFPの違いは何なのか

証券外務員の資格があると金融商品が取り扱えるようになるのに対して、FPの資格は不動産や税金等に関する金融知識が身につくだけで、金融商品を紹介したり販売したりすることはできません。

ですから業務をする上では証券外務員の資格の方が持っている意義はあると思います。

とはいえ資産運用に関する相談に乗るときなどにFPの資格も持っていればより幅広い視点からアドバイスをすることが出来るようになるので、持っておいて損はないかと思います。

証券外務員と証券アナリストの違いは何なのか

証券アナリストは高度な専門知識を駆使して市場分析を行い、投資方法などに関するアドバイスをする仕事です。

この資格は証券外務員やFPよりも難易度が高く、働き始める前に取得するのは難しいと言われています。金融業界では知らない人はいない人気の資格なので取っておくといいとは思いますが、取得するのは入社後しばらくしてからでいいかもしれません。

証券外務員になるには

証券外務員の資格試験は全国の会場で、パソコンを用いて行われます。

証券外務員の試験は暗記系の出題も多く、ある程度勉強すれば決して難しくないと言われています。特に二種の試験であれば金融に関する知識がゼロだった人でも1,2か月の勉強で合格出来てしまうようです。

試験は基本的に毎日行われているので、証券外務員の資格が欲しいなら今すぐ勉強を始めてスピード合格を目指しましょう。

まとめ

最近では将来に対する不安を抱えて資産運用を始めたいと考えている人も多く、投資に関するアドバイスや公正な取引をすることが出来る証券外務員は今後もっと重宝される存在になるかもしれません。金融業界でキャリアを積んでいきたいと考えている人は、是非この資格を取得しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました