【Salesforce Tips】商談KPIレポートの作成

salesforce Salesforce
salesforceのロゴです。

こんにちは、普段はSalesforceのシステム管理者をしているnakochiです。

今回は、商談に入力しているレコードから、レポートを作成する操作を体験します。

レポートで作成したグラフや集計値は、ダッシュボードという機能に取り込むことができ、とても重要な意味を持ちます。データ分析ツールとしてSalesforce を活用し、ビジネス成長のインサイトを得るためにも、レポート機能についてしっかり押さえておきましょう。

商談レポートを新規作成する

これまでに入力したデータを活用して、商談レポートを作成しましょう。

※ここでの操作では、別記事で作成したカスタムオブジェクトの項目を使用しています。

まったく同じ操作を体験してみたい方は、商談のカスタマイズを行ってください。

・初回訪問日
・初回訪問社数
・見積送付日
・見積送付社数
・成約日
・成約社数

のカスタム項目を作成します。

レポートタブをクリック

新規レポートをクリック

商談 のレポートタイプを選択して、続行をクリック

レポートビルダーが表示される。

行をグループ化に、完了予定日を指定し、

検索条件をクリックして、

完了予定日の範囲を「常時」に変更します。

※適宜更新ボタンをクリックしたり、保存ボタンをクリックしてレポートを保存しましょう。

レポートを新規作成するときには、悲しい思いをする人が多いです。

アウトラインをクリックして、列の箇所を整理しましょう。

次のステップを削除、リードソースを削除、種別を削除します。

・初回訪問社数
・見積送付社数
・成約社数

を追加します。

列の箇所に、追加したい項目の名称の一部を入力することで、検索して選ぶことができます。

数値や金額などの項目を列に追加すると、集計エリアに表示されます。

この、集計エリアに表示されている集計項目をレポートやダッシュボードのグラフとして使用できます。

さらに、カスタム数式集計項目を追加します。

項目を表示 をクリックして、

数式を作成をクリック

初回訪問率を作成します。

表示形式をパーセントにして、

初回訪問社数の合計 / レコード数の合計

として作成し、「適用」をクリック。

初回訪問率、という「率」を表示することができる。

同じように、

・見積送付率 見積送付社数の合計 / 初回訪問社数の合計

・成約率 成約社数の合計 / 請求書送付社数の合計

として数式を設定しましょう。

このようにして、KPIを定義するための項目を集計したり、集計した項目をさらに数式を用いて計算することで、商談データの分析がより深まります。

レポートを実行すると、このような表示となり、

合計レコード数
初回訪問社数
見積送付社数
成約社数
それぞれの間の進展比率

を表示することができるようになりました。

まとめ

Salesforce の商談に対して、管理したい指標を出力するために必要な、適切な項目の設定やレポートの活用を行うことで、KPIの自動出力を行うことができるようになり、業務改善や戦略立案に大いに役に立ちます。

レポートの使い方について、しっかりと理解し、KPIを自在に出力できるレポートを定義できるようにしてSalesforce の活用を深めましょう。

Salesforce を導入したばかりや、これから導入しようとしている企業で、どのように活用したらいいのか、データの移行に悩んでいる、などありましたら、ぜひお問い合わせフォームからご相談ください。

対応内容や稼働時間などご相談のうえ、お見積もりを作成いたします。

コメント

  1. […] 今回は、商談KPIレポートで作成した集計値を利用して、ダッシュボードを作成します。 […]

タイトルとURLをコピーしました