Salesforce 導入を失敗しないために!上級資格所有者が徹底解説

Salesforce 導入を失敗しないために!上級資格所有者が徹底解説 Salesforce

Salesforce を導入することが決まったけど、どのように活用したらいいかわからない

Salesforce のシステム構築を委託したけど、どのように実装されているのかわからない

このような悩みを持っていませんか?

Salesforce を導入して終わりではなく、活用によって業績が向上することが真の成功です。

今回はSalesforce をうまく活用するためのTipsをまとめました。

Salesforce とは

Salesforce とは、英語を直訳すると、営業部隊という意味になります。

営業部門の業務をクラウドで効率化する、というのがSalesforce の機能の根幹となっています。

Salesforceとはそもそもなんだろう?という人は以下の記事を読んでみてください。

Salesforce のシステムの特徴を理解しよう

Salesforce の代表的な機能である顧客管理は、標準オブジェクトの「取引先 / 取引先責任者 / 商談 / 活動」を使いこなすことがとても大切です。

それぞれのオブジェクトについて以下の記事から概要を理解しましょう。

Salesforce 導入を成功させるためには?~取引先オブジェクトについて理解しよう~
Salesforce を導入したばかりの企業や、活用がうまくいっていない企業の特徴に、Salesforce の標準機能の理解不足による無理な実装、があげられます。Salesforce で利用するデータの根幹となる「取引先オブジェクト」についての理解を深めて、活用を成功させましょう。
Salesforce 導入を成功させるためには?~取引先責任者オブジェクトについて理解しよう~
Salesforce を導入したばかりの企業や、活用がうまくいっていない企業の特徴に、Salesforce の標準機能の理解不足による無理な実装、があげられます。Salesforce で利用するデータの根幹となる「取引先責任者オブジェクト」についての理解を深めて、活用を成功させましょう。
Salesforce 導入を成功させるためには?~商談オブジェクトについて理解しよう~
Salesforce を導入したばかりの企業や、活用がうまくいっていない企業の特徴に、Salesforce の標準機能の理解不足による無理な実装、があげられます。Salesforce で最も実現したいことに、商談プロセスの体系化、商談成約率の向上、商談成約数の増加、などがあります。これらを実現するために重要な「商談オブジェクト」についての理解を深めて、活用を成功させましょう。
【Salesforce Tips】活動を使いこなせ!活動の件名の選択肢の変更
Salesforce で様々なデータを管理する際、活動 / ToDo / 行動という標準オブジェクトの活用がしっかりできているととても便利にデータを管理することができます。活動は土のオブジェクトにも関連付けて作成できる便利なオブジェクトですが、その特徴を理解してSalesforce の活用をもっと深めましょう。

標準オブジェクトで実現できないことはカスタムオブジェクトを使用して、より自社のビジネスに寄り添ったシステムを構築することができます。

Salesforce への入力データを活用するために

Salesforce の利用を促進するために、利用開始時に別システムからのデータの移行をすることや、入力が定着した環境での効率的なデータの更新や表示、分析のためのレポート作成の機能を理解し、活用しましょう。

データローダってなに?はじめてSalesforce のデータローダを使う人への解説
Salesforceを活用できていますか?Salesforce で管理するデータが増えてくると、すでに入力しているデータを一括編集して更新したり、新しい大量のデータを一気に登録したくなります。そんな時はデータローダというツールを使って効率的にデータの整理を行いましょう。
【Salesforce Tips】 商談を使いこなせ!Kanban ビューのアイデア紹介~
Salesforce の商談オブジェクトの活用がSalesforce 導入成功にとって最も重要といっても過言ではありません。この記事では、Salesforce の商談をフェーズごとに一括更新し、ビジネス全体の進捗の把握や更新をするために便利なKanban ビューの機能について解説します。
【Salesforce Tips】商談を使いこなせ!商談のフェーズの選択肢の変更~
Salesforce の商談オブジェクトの活用がSalesforce 導入成功にとって最も重要といっても過言ではありません。あなたの会社 / 事業では、商談のフェーズをどのように管理していますか?Aヨミ?Bヨミ?営業担当者の熱意によるヨミをフェーズ名にしていませんか?この記事では、Salesforce の商談のフェーズの選択肢についてのアイデアを示します。
【Salesforce Tips】商談リストを一括更新
Salesforce でデータを登録し、しばらく運用を続けていると、データの更新が滞ってしまうものや、期の変わり目などに一気にデータを更新したいといったことがあります。そのようなときに、一括で編集するための操作を解説します。
【Salesforce Tips】商談KPIレポートの作成
商談へのデータ入力期間が長くなり、商談レコードがたくさん蓄積すると、商談のフェーズごとのレコード件数、完了予定日ごとの金額などを分析するレポートを作成することができます。この記事では、商談のレポートをすいすい作成 / 編集できるようにレポート画面の解説を行います。
【Salesforce Tips】商談KPIダッシュボードの作成
商談をはじめ、たくさんのオブジェクトのレポートをまとめて1つのダッシュボードとして表示することで、ビジネス戦略のヒントとして活用することができるよう、ダッシュボードの機能について解説しています。

まとめ

Salesforce は導入することがゴールではありません。導入に成功しても、定着化しなければ意味がありません。

Salesforce ならではの活用方法について改めて考えてみましょう。

Salesforce を導入したばかりや、これから導入しようとしている企業で、どのように活用したらいいのか、データの移行に悩んでいる、などありましたら、ぜひお問い合わせフォームからご相談ください。

対応内容や稼働時間などご相談のうえ、お見積もりを作成いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました