SALESFORCE 認定 PARDOT コンサルタント

salesforce スキルアップ
salesforceのロゴです。

上記の資格を取得する為にはどうすれば良いか等について記載していきます。

具体的には、

・試験対策

・試験内容

・難易度

についてのお話です。

資格を取得することのメリットとしては、

①Salesforceを使用すると、クラウドで様々な管理が出来ます。

知識やスキルを持っていると自身で管理することに役立ちます。

②就職できる可能性のある会社が増えます。

③様々な案件にチャレンジできる可能性があります。

場合によっては高収入が得られるかもしれません。

試験対策

試験は、多肢選択/複数選択方式の60問、試験時間90分、合格点70%です。 

試験を受験するにあたって Salesforce では受験者が Salesforce 認定 Pardot スペシャリスト資格を保持していることを前提条件としています。Pardot の Training & Certification チームは、Pardot アプリケーションの実装における 6 か月の実践経験、オンラインコースの受講、自身の学習を合わせて行うことをオススメします。 

試験内容に記載のあるテーマとして、情報収集・分析と戦略策定~リード評価までの出題割合がそれぞれ10%台ですので、こちらを重点的に学習すれば合格ラインに近づきます。

試験料は2万円ですのでこちらも必要となります。

試験内容

Salesforce 認定 Pardot コンサルタント試験では、以下の目的に関する受験者の知識とスキルを 評価します。受験者は Pardot アプリケーションの実践経験があり、以下に示す各分野の知識と 専門技術が必要です。 

情報収集・分析と戦略策定 

・クライアントの現在のソフトウェアソリューションおよびツールの評価を含むシナリオに従って、Pardot の初期のステップを分析して優先順位を付ける  

・クライアントの現在の Salesforce の設定と既存のオートメーションプロセスの評価を含むシナリオに従って、Pardot の初期のステップを分析して優先順位を付け る 

・クライアントのデータ (マーケティングアセット、リード、取引先責任者など)の評価を含むシナリオに従って、Pardot の初期のステップを分析して優先順位を付ける 

・クライアントの諸目標に従い、関連する Pardot の機能を選択する 

・KPI(重要業績評価指標)の分析に基づいてクライアントのビジネスニーズを満たす戦略を策定する 

アカウント設定  

・技術的な設定の意味と重要性を明らかにする 

・データおよびアセットの移行戦略を策定して推奨する 

・カスタムユーザーロールの作成方法を理解して説明する 

・カスタムオブジェクトの作成方法を理解して説明する 

・与えられたシナリオに従い、Pardot と Salesforce を設定する順序を助言する 

・与えられた利用に関するガバナンス計画に従って、命名規則、ユーザーロール、フォルダー構造に及ぶ組織戦略を開発し助言する 

・接続アプリケーション (Google 広告、GoToWebinar、Webex) の利点を説明する 

 リードジェネレーション 

・与えられた顧客シナリオに従い、リードジェネレーション戦略を開発して助言する 

・フォームハンドラーを作成するステップを特定する  

ビジネスプロセスのオートメーション 

・与えられたシナリオに最適なオートメーションツール (オートメーションルール、セグメンテーションルール、ダイナミックリスト、完了アクション) を推奨する   

・与えられたシナリオに従い、マーケティングイニシアチブ (アセット、トリガーポイント、通知等) を完了するための Pardot における一連のイベントを設計する 

メールマーケティング   

・与えられたシナリオに従い、メールマーケティング戦略を開発して実装する 

・与えられたシナリオに従い、リードナーチャリング戦略を開発して実装する 

リード評価  

・リード評価戦略を開発して実装する (複数のスコアリングカテゴリの使用、プロファイルの作成、グレーディングの自動化を含む) 

・リード評価基準に従い、評価済みおよび未評価のリード/プロスペクトを分類する 

・与えられたシナリオに従い、評価済みおよび未評価リードを業務全体でどのような流れで取り扱うかのモデルを助言する 

プロスペクト環境のパーソナライゼーション 

・Pardot で高度なダイナミックコンテンツを作成する 

・与えられたシナリオに従い、プロスペクトとの接点をパーソナライズする方法を助言する (ダイナミックコンテンツやコンテンツマーケティングのアプリケーションの使用方法に関するベストプラクティスを含む)  

 レポート 

・Pardot レポートで生成されたデータやクライアントの目標といったシナリオに従 い、システムが最適化するための変更について助言する  

・フォームとランディングページのレポート属性を比較対照する  

SALESFORCE ENGAGE 

・Salesforce Engage を営業部門や担当者が使用する目的で設定する 

・Salesforce Engage の利点を説明する 

難易度

Salesforce 認定 Pardot コンサルタント資格は上位資格です。

合格後も基本資格に対するTrailheadの更新モジュールを完了することにより、その上位資格も含めて資格維持されます。モジュール提供終了までに完了されなかった場合は上位資格も含めて資格失効となります。

上位資格の場合は基本資格よりも実務経験が長いことが条件に掲げられている場合があり、実機に触れた経験や試験内容に記載の専門用語や製品等の知識が必要となるため、資格取得難易度は高めです。

Salesforce 認定 Pardot コンサルタントプログラムは、Pardot アプリケーションの実装の経験がある方を対象としています。

Salesforce 認定 Pardot コンサルタントは、Pardot の管理および認定の経験があり、顧客のビジネス要件を満たして、長期にわたって顧客の成功に寄与し、維持、 拡張することができる Pardot ソリューションの設計と実装に長けていることが求められます。

この資格には、Pardot アプリケーション、エンドユーザーが利用できる機能、Pardot の実装時に利用できる設定および管理のオプションの幅広い知識も必要です。  

Salesforce 認定 Pardot コンサルタントは通常、Pardot アプリケーションおよび関連ツールの実装について 6 か月以上の実践経験が求められます。

Salesforce 認定 Pardot コンサルタントは、 ファシリテーションおよびコンサルティングのスキルを有し、ビジネス要件の収集、代替ソ リューションの設計と実装によりビジネスニーズを満たす必要があります。 

Salesforce 認定 Pardot コンサルタントの受験者は、以下の経験、スキル、知識、能力が必要です。 

・クライアントのマーケティングから営業までの現在の戦略を特定して理解する  

・クライアントの目標を Pardot の機能に対応付ける 

・KPI(重要業績評価指標)の分析に基づいてクライアントのビジネスニーズを満たす戦略を設計する 

・ビジネスの目標を達成するためにオートメーションプロセスを推奨する  

・Pardot ツールと機能 (Salesforce Engage) を推奨し、マーケティングから営業までの戦略を実装する  

・データおよびコンテンツの移行戦略を開発して推奨する  

・技術的な設定の意味と重要性を明示する 

・既存のリードクオリフィケーション戦略を分析し、Pardot への適用を推奨する  

・既存のリードナーチャリング戦略を分析し、Pardot への適用を推奨する 

・既存のリードジェネレーション戦略を分析し、Pardot への適用を推奨する  

・Pardot のデータおよびアセットを整理するための拡張性のある方法を開発して推奨する  

・Pardot レポートで生成されたデータを分析し、システム最適化のための助言を行う 

・Exam Guide に示す参考資料と Pardot から追加提供される学習資料を学習する時間がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました