営業代行を頼むメリットとは?

フリーランス

営業代行とは?

「営業代行って言葉は聞くけど、意味は知らない」

「大体は分かるけど、詳しくは知らない」

そんなイメージをいただいている方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり日常生活で出てくる言葉でもないので、詳しく分からない場合も多いと思います。

一般的に、営業代行とは、自社の営業プロセスを外部の専門業者にアウトソーシングすることを指します。テレアポ、メール営業、クロージングなどの営業プロセスを任せることが出来ます。

もちろん、会社によっては全ての営業プロセスを任せる場合もあるでしょう。なので、営業代行は、利便性が非常に高いモノになっているのです。

そこで、今回は営業代行のメリットとは何なのか、実際に深く迫っていきたいと思います。営業代行を業者に任せるか考えている方は特に必読です。

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

営業代行を頼むメリット①~プロ集団によるレベルの高い営業が可能に~

基本的に営業代行であれば、専門業者に頼むことになることがほとんどでしょう。どの営業代行会社も営業のプロが揃っているはずなので、よりレベルの高い営業を行うことが可能です。

豊富な営業経験から裏打ちされた営業スキルによって、さらなる顧客獲得の可能性が高まります。新たな市場を開拓したい場合、難易度の高い営業を任せたい場合は更に効果的だと思われます。

ターゲットを絞った営業を任せることも可能です。より市場を熟知したプロ目線での営業は、大きな手腕を発揮してくれるはずです。

専門業者によっては、営業戦略の立案だったり、そういったレベルの高いところまで行ってくれる会社もあります。そんなレベルの高さや守備範囲の広さが、営業代行の最大のメリットであることは間違いないでしょう。

営業代行を頼むメリット②~採用、教育コストの削減を行える~

営業という仕事は、人によっては精神や肉体にかかるストレスが大きいと感じる場合もあるでしょう。求人でも営業職の募集は多く見かけることがあります。

それほどまでに、営業職は必要とされる職種であり、また離職率が高い職種でもあります。そこで、営業を代行した方が長期的に見てコストが安い場合があります。

採用する場合にも複数回の面接や、採用によるコストがかかったりもします。メンタリティの管理まで行うとなると、時間をも費やすことになります。

さらに、営業社員を一から育てるとなると、研修での教育、OJTでの新人教育と手間やコストがかなりかかります。その分本業に支障が出る場合もあるでしょう。

なので専門業者に、営業代行を依頼した方が、相対的に安くなることも念頭に置いておくべきです。

営業代行を頼むメリット③~更なる本業への集中ができる~

会社によっては、営業よりも他の業務に力を入れたいと考えているところも多いでしょう。そういった理由があるのならば、さらに営業代行を依頼するメリットは高まってきます。

新規開拓や、テレアポ活動は時間も手間もかかります。本来ならば営業で取ってきた案件に集中して取り組みたいはずです。

営業代行に任せれば、営業にかける時間や手間を大幅にカットすることが出来るのです。その分、会社が集中したい業務に取り組めば、更なる生産性の向上が見込めるはずです。

会社が一番優先したい業務がはっきりしていると、営業代行を頼む価値はさらに上がってくるでしょう。

営業代行を頼むメリット④~営業コストの見える化でより効率的に~

自社の営業社員の個々の業務範囲が多岐に渡ることもあり、コストの算出が今一つ見え辛い場合もあるかと思われます。特に、新規開拓での顧客獲得1件あたりにかかったコストなどを算出する場合はきちんと見える化すべきです。

そこで、営業代行の場合であれば、顧客獲得にあたりどのくらいのコストがかかったかなどが確認しやすいです。細かいところまで確認することも容易です。

もし、会社として、より透明性の高い営業を重視している場合はそこを重点に置いて、営業代行の業者を探してみましょう。さらなる効率的な営業活動が可能になるはずです。

まとめ

営業代行とは、外部の業者に営業活動を委託することを一般的に指します。営業プロセスの一部~全部を任せることも可能でしょう。どこまでを任せるのかは事前に決めておくべきです。

そして、よりレベルの高い営業を可能にしたり、採用、教育コストの削減も可能にします。さらに、本業への集中、営業コストの見える化など、メリットは多岐に渡ります。

営業代行の業者も非常に数が多いので、ご自身の会社が理想としている営業スタイルや、ビジョンに合った業者を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました