履歴書は手書きと印刷のどちらがいいの?手書きと印刷の混合型もあり?

就活

こんにちは!転職活動をするうえで最初に必要になるのが履歴書です。

「できれば手書きが良いというイメージがあるけれど、1枚1枚書くと大変だし、失敗したらまた買わないといけないから費用も掛かってしまう」と悩んでいる方も多いはずです。

今回は、履歴書は「手書き」と「データで作って印刷する」のどちらがいいのかについてお伝えします。結論からすると「提出先によって変える」ということがベストです。

その理由を見ていきましょう。

手書きの履歴書と印刷した履歴書はどちらがいいのか

紙の上にペンが置いてある画像

履歴書を作るにあたりまず悩む部分として、手書きと印刷したものではどちらがいいのかというところです。

はっきり言って、どちらが正解・不正解ということはありません。結局はどちらの方が相手の印象が良いのかに尽きます。

そのため、私としては履歴書を提出する企業によって使い分けるということをお勧めします。

手書きのものを使った方がいい場合

ペンと白い紙が並んでいる画像

まずは手書きの履歴書を準備した方がいい場合について説明します。

中小企業や接客業系・年齢層の高そうな企業については手書きの履歴書をお勧めします。お客様との接する機会の多い会社や平均年齢の高そうな会社は「履歴書は手書きが当然」と考えているところも多いです。

また、採用担当の元に届く履歴書も大企業と比べると少ないため、届いた履歴書の中で手書きのものがあるとそれだけで目に留まりやすいのです。

そのため、手書きの履歴書を提出した方が好印象です。また、この括りに当てはまらなくても迷った場合は手書きのものにした方が無難です。

手書きをするときの注意点としては、丁寧に書くことを十分に意識してください。字には人の思いが込められます。書き方によって、あなたがどんな思いでこの履歴書を書いているのかがわかります。

字自体に自信はなくても、心を込めて書けばあなたの気持ちは見る側に伝わります。逆に適当に書いてしまうと、「あまり志望度は高くないのかな」と捉えられてしまいます。勿論、訂正印も厳禁です。

ルール上は問題ないですが、訂正印のある履歴書は悪い意味で目立ちます。間違えてしまったら必ず一から書き直しましょう。

手書きは個性が出せやすい分、いい意味でも悪い意味でもあなたの心が表れます。雑に書いてしまうとそれだけで評価が下がってしまうので、最低でも一回は誰かに履歴書を見てもらうようにしましょう。

データで作って印刷したものを使った方がいい場合

英語が書かれた紙の画像

次にデータで作成した履歴書を使った方がいい場合を見ていきます。

大企業やIT関連の企業の場合はWordで作成した履歴書を印刷するのが良いでしょう。このような企業の場合、採用担当は比較的年齢層が低い場合が多いので、手書きに拘る方はあまりいません。

また、大企業に関しては就職時に特定の業務のみを任せられることも多いので、一日中パソコンと向き合って仕事をするということも珍しくありません。

そのため、データで作成した履歴書を提出することは「パソコンの操作に抵抗はありません」というアピールにも繋がります。

お勧めの履歴書の書き方

パソコンの画像

これまで手書きの履歴書を提出した方がいい場合とデータで作成した履歴書を提出した方がいい場合について説明しましたが、最後に私のお勧めの書き方についてご紹介します。

私は手書きとデータ入力混合型の履歴書を作成していました。形上伝われば問題ない項目はデータで予め入力しておき、気持ちを込めたい部分に関しては手書きで記入するという方法です。具体的には「名前」「住所」「志望動機」は手書きをし、その他の部分はデータで作成をしていました。

学歴や職歴・資格等は手間も掛かるので手書きをする必要はないでしょう。

ただし、名前と志望動機だけは自分の思いを込めたいという気持ちがあり、この方法で転職活動をしていました。

ゲキサポ!転職】はマンツーマンでの転職支援サービスなので、履歴書や職務経歴書の効果的な書き方も教えてくれます。

まとめ

上記の通り、履歴書を手書きするかどうかは提出先に応じて判断することをお勧めします。

私が転職活動をしていた頃は「全て手書き」と「基本はデータ入力+名前や志望動機は手書き」の2パターンを使い分けていました。この方法であれば、履歴書の作成の時間を減らすことができ、効率よく転職活動ができます。

私の手応えとしては書類選考の通過具合は高かったように感じています。

履歴書はあなたの人柄を伝えるうえで大切な書類の一つです。自分が応募したい企業はどんな会社なのかを考えて、どのパターンの履歴書を提出するのがベストなのか判断していきましょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました