資格があると有利!資格をアピールして転職活動を成功させる秘訣とは?

キャリア

転職をするときの強みって、やはり即戦力、経験などがあげられると思います。しかし就職してから働いた経験は長くても、企業によっては転職に有利な経験ができないことも少なくありません。


例えば、営業の仕事に就いたけれど、なかなか営業の効果が出なかったという場合や古くからの付き合いの顧客ばかりで、新しい顧客の開発が出来ず、営業とはどのような仕事をするのかという本髄が学べなかったという場合もあります。


このように就職してから、何らかの仕事に携わってきたけれど、その経験してきた内容というのは人それぞれ異なるのです。そのため転職の時には、面接官が履歴書や職務経歴書をしっかり読み込んで、それに対しての質問が多くなるのは当然です。会社としてはしっかり結果を残せる人にお金を出したいからですね。だからこそ転職は就職よりも難しくなるのです。


そんな中でも資格があると話は異なります。経験というのは、働きぶりを見なくては判断することが出来ないこともあります。しかし資格というのは、ゆるぎないものなのです。その仕事をするのに必ず必要な資格というものもあるので、資格があるだけで転職に有利ということもあるのです。
以上のことから、やはり転職をするには資格があると有利ということをここではご紹介していきたいと思います。

資格なら何でもいいのか?


資格といっても、民間の資格もあれば国家資格もあります。どのような資格でもいいのでしょうか。


その仕事をする前提で必要になる資格であれば、民間でも国家資格でも構わないと思います。例えば看護師などは必ず国家資格が必要となりますね。しかしリハビリの知識として必要な資格である福祉住環境コーディネーターなどは民間になります。

このように資格によって、民間のものや国家資格のものがあるので注意しましょう。またどんなものでも資格があるということは、その知識があるということを意味するので、きっと仕事の役に立つのではないでしょうか。

資格をどのように訴えるか?

資格をたくさん持っていても、それだけで転職が決まるというわけではありません。一番大切なことは、それを相手にきちんと示すことが大切です。もちろん履歴書の中には、自分の持っている資格を記入する欄があります。しかしその部分に記入したからといって、それだけでいいわけではありません。やはりその職業に役立つ資格をわかりやすく、見やすく記入することが大切です。そして相手が、自分はどんな資格を持っているのか、すぐに理解をしてくれるように記入することが重要です。

そうすることで転職成功に一歩近づくのです。

資格があることに甘んじない

資格があると、それだけで仕事ができるということもあるので、転職をするまであまりそのスキルについて磨いてこなかったという人もいます。

もちろん仕事をするために必要不可欠な資格もあるので、持っているだけでいいという場合もありますが、本来は、その資格を磨いていくことも大切です。


例えば、資格は持っているけれど、もっと知識と技術を深めるためにスキルアップ研修を受けるなど。そうすることにより、最新の資格に関する知識を身に着けることが出来るのです。また資格に関する研修などは、履歴書や職務経歴書に記入することもできます。そのため転職時にはより相手に訴えることもできるのではないでしょうか。

資格があることで安心していてはいけません。情報というのは常に新しくなっているのです。そのため自分の持っている資格や知識をより高めるためには、時々研修などを受けることが有効です。


資格があることで甘んじてはいけません。資格があるということを意識してスキルアップすることが重要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました