日商簿記検定ってどんな資格?取ると就活に有利になるの?

電卓 スキルアップ

会社の経理などの流れが分かるようになり、ビジネスにおいて転職やキャリアアップにも役立つ資格です。

簿記検定には日商・全商・全経簿記と3つの種類があります。

ここでは3つの中の日商簿記検定の2・3級を目指す方に向けて解説していきます。

一般的には簿記検定といえば日商が大半で、企業においても経理の必須資格に該当することが多い資格となっています。

日商簿記検定を受けるメリット

就職や転職に有利

簿記とは企業の経営状況や財政状況を理解し、帳簿に記録する技術の事です。

現在のビジネスでは、この状況の理解力や取引の仕組みを理解しているという能力が求められます。

そのため、簿記検定を持っているのと持っていないの違いで、転職や就職の際にとても大きな差が出てきます。

企業から求められる能力の一つにこれがあり、ニーズがとても高いので学生の方はもちろん、社会人になってから検定をうける方も多くなってきています。

経理に関する仕事以外でも、履歴書に書く事が出来れば就職にとても有利だと言えます。

あらゆる業種で使える

事務や経理の仕事で使える事はもちろん、伝票起票や整理、お金の管理や帳簿などたくさんの知識が活かせます。

そのため、事務や経理の仕事以外でも営業職や自営業、経営者の方にも人気です。

自身が経営の状況を把握することが出来るため、他人の力を借りずとも少ない人数で経営方針や経営強化などを決定する事が可能となってきます。

簿記を軸に、他の検定と組み合わせることでより強い能力を身につける事も出来ます。

独立も可能

これは、2・3級どちらの検定にも言える事です。

どちらの級であっても、これに合格する知識があれば、前記でお話したように大抵の経営の状況は理解できます。

融資の事業計画書なども簡単に作成する事が可能となります。

ただ、2級では主に会社や工場における簿記について学んでいきます。

いわゆる簿記の基礎といえるものです。

なので、独立を目指す方には3級の経理や会計が身につく資格の取得を目指す方が良いかもしれません。

2・3級の違い

基本的に日商簿記検定を受ける際の受験資格は無いため、誰でも受験する事が可能です。

ここでは、2級と3級どちらの級を受けようかと考えている方に向けて書いていきます。

3級のレベル

まさに簿記の基礎と言える知識を学びます。

簿記検定の取得を目指す方が一番最初に受験する傾向にあります。

最近では、学生時代に取得を完了している方もおられます。

経営における初歩的なことを学ぶので、試験科目は商業簿記のみとなっています。

しっかり勉強をしていれば、基本的に合格が見込める程の難易度です。

多くの企業から評価され、求められる内容となっているので、毎年多くの方が受験しておられます。

2級のレベル

3級は初歩的な商業簿記のみですが、2級では工業簿記も加わり、一気にレベルが上がります。

そのため、就職や転職にも3級とは大きな差が出てきます。

企業の経理や財務部門においても高く評価されていますので、現在では求人の際に日商簿記検定2級合格者と記載している企業も多く出てきています。

「3級は合格したが、2級は落ちてしまった」

などの声も聞こえてくるので、2級を受験する際には、3級よりも倍以上の勉強時間の確保が必要となるでしょう。

ただ、2級で勉強する工業簿記とは2級の勉強時に初めて触れるものなので、スタートラインは皆同じと言えます。

独学で学ぶのが不安だという方には【資格スクエア】がおすすめです。
オンラインで受講できるので、スキマ時間を効率的に使うことができますよ。

受験資格と受験後

受験資格

基本的に日商簿記検定には受験資格がありません。

検定取得を目指す方は誰でも受けることが可能です。

この検定はどの級からでも受験する事が出来るので、学生時代に3級を取得した方は2級から受験する事も可能です。

また、簿記検定を初めて受験する方は3級からなど、自分で選ぶことができます。

何級からでも受験することが可能な検定ですので、3級を取得された方が2級を飛ばして1級の受験をすることも可能です。

ただ、先程解説した様に、3級と2級では工業簿記という最大の違いがあります。

この工業簿記は1級にも出てくるので、2級取得の際に工業簿記について触れていない方だと難しいかもしれません。

ですので、しっかり着実にスキルアップしていきたいという方には段階を踏んで下位から受験していくといいでしょう。

また、日商簿記検定は同時検定も可能となっています。

午前中に1・3級の試験、午後に2級の試験を実施しているため、同じ受験会場で違う級を受験する事が出来るのです。

 受験後

3級を取得された方は、業種や職種に関わらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基礎知識」を持っているとして、多くの企業から評価を受けます。

経理の際などに使われる、適切な処理を行えるレベルとして扱われます。

よって、小規模企業の企業活動や経理のキャリアアップや転職に役立ちます。

2級を取得された方は、経営に関する事や役立つ知識を持っているとされ、企業からの評価が3級よりも高くなっています。

工業簿記の知識も持っているので、企業の経営状況を読み取る事ができます。

実際に使わなかったとしても、将来的に独立や会社経営を目指している方は取得しておくべきだと言えます。

まとめ

今回は日商簿記検定の、主に2級と3級についての解説をしました。

どちらの級を取得するにしても、転職やキャリアアップに役立つ事には違いありません。

将来、経理や会社経営に携わりたいと思っておられる方の資格取得の一歩となれば幸いです。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました