マイクロソフトオフィススペシャリストとは?こんな人にオススメです!

スキルアップ

おそらく、みなさんもパソコンを触っている方なら知っている方も多いと思いかもしれませんね。

「マイクロソフトにはどんな資格があるのか?」

「自分に必要な資格はどれなのか?」

と悩んでいる方もいると思います。

そんな方に向けて、マイクロソフトオフィススペシャリスト内容資格について紹介していきます!

マイクロソフトオフィススペシャリストとは?

マイクロソフトオフィススペシャリストとは、マイクロソフト社が運営する「Word」「Excel」「PowerPoint」「Access」「Outlook」のソフトにおける、業務で使用する一定のレベルのスキルをを証明する資格の一つです。

主にマイクロソフト社の資格は2種類あります。

一般的なスキルを持っていることを証明する「マイクロソフトオフィススペシャリスト」と、専門的な業務にも対応が可能なことを証明する「マイクロソフトオフィスエキスパートです。

どちらが自分に必要な資格なのか、あらかじめ確認しておきましょう。

資格を取得するメリットは?

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取るメリットは大きく2つ。

  • 「就職活動に有利になる」
  • 「資格を取得することで収入アップにつながる」

ということです。

「就職活動に有利になる」という点については、実際に採用をする立場に立つとわかりやすいです。

例えば、あなたが採用担当だったときに、業務未経験の人が面接にやってきました。「資格を持っている人」と「資格を持っていない人」どちらの方に安心して仕事を任せられるか?と考えたときに、「資格を持っている人」と考える人が多いはずです。

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格は一般的なスキルを持っていることを証明できるため、就職活動などをする際に、何も資格を持っていない人に比べると有利に働きます。

また、「資格を取得することで収入アップにつながる」という点については、会社によって資格を取得すると給与が上がる福利厚生を導入している会社もあるため、自分の会社の福利厚生を事前に確かめておくといいでしょう。

 -こんな人にオススメ!

・事務職で仕事を探している人・営業職で仕事を探している人・新卒で就職活動を考えている大学生や専門学生

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格は、保有しているだけで今後ずっと履歴書にかける資格になるので、主に就職活動において有利に働くことが多いです。

また、事務職だけではなく、営業職でもWordを用いた企画書の作成やExcelを使った顧客管理など、仕事をしていく上で必要になります。

その他にも就職活動において自発的に資格の取得をしておくことで、就活面談のときに「自分から努力をして頑張れる人材なんだ」という印象を持たれるので、他の就活生と差をつけたいと思う方は資格の取得を考えてみても良いかもしれませんね。

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格のソフト5つ

 マイクロソフトオフィススペシャリストの資格には、合計5つのソフトの資格があります。

・文章作成ソフト:Word(ワード)
・表計算ソフト:Excel(エクセル)
・プレゼンテーションソフト:PowerPoint(パワーポイント)
・データベース管理ソフト:Access(アクセス)
・メールソフト:Outlook(アウトルック)

では、それぞれのソフトの特徴について説明していきます。

文章作成ソフト:Word(ワード)

マイクロソフト社が提供するソフトの中では代表的な1つで、主に文章の作成をするために用いられます。

Wordは企画書の作成・職務経歴書の作成・文章の校正など、幅広い文章作成の業務において必要不可欠なソフトで、テキストの校正機能や翻訳機能など、人の目だけで対応すると大変なこともWordを使うことで効率的に作業をすることができます。

表計算ソフト:Excel(エクセル)

「Excel」は、営業リストや管理シートなど、表の作成や自動計算などをする場合に必須のソフトです。

「Excel」は簡単に使えるので、「使ったことがあります!」という人は多いのですが、関数機能やその他の便利な機能を使いこなすことができる人は多いわけではないので、勉強をして使いこなせれば、周りと一歩差を広げられるかもしれません。

また、応用的なピポットテーブルやマクロなど、一歩先の業務をすることができれば、それで仕事として行けるくらいスキルの幅が広いソフトなので、勉強をしておいても損はないですよ。

プレゼンテーションソフト:PowerPoint(パワーポイント)

 「PowerPoint」は主にプレゼンテーションをするときに使われるソフトです。

大学の講義・企画プレゼンテーション・MTG時の資料など、様々な用途はありますが、「PowerPoint」を利用することで視覚情報として”メッセージを強くアピール”することができるため現場でも重宝されているソフトです。

データベース管理ソフト:Access(アクセス)

「Access」は「Excel」と似ている部分がありますが、主にデータベース管理を行う際に使われるのが「Access」です。「Excel」では扱いきれないデータを処理するときには「Access」を活用することがあります。

顧客管理などにおいて膨大な情報を扱う場合は、利用することがあるので仕事の内容によって資格の勉強をするか判断してみても良いかもしれません。

メールソフト:Outlook(アウトルック)

「Outlook」は、マイクロソフトが提供するメールソフトです。メールツールとして、オンラインストレージサービス「OneDrive」との親和性があるので、現場で「OneDrive」での情報管理をしている会社ではよく使われます。

以上がマイクロソフトオフィスが提供するソフトの特徴です。

どの資格をとるか迷ったら Excel がオススメ!

「種類がたくさんあるけど、どの資格を取ればいいの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

そんなときには、マイクロソフトスペシャリストの「Excel」の資格を取ることをオススメします!

マイクロソフトスペシャリストの「Excel」は、現場でよく使われる「Word」「Excel」「PowerPoint」の中で、一番能力的な要素が強い資格のため、勉強の有無で能力に差が出やすくなります。

そのため、Excel の勉強をして資格を取得し、スキルを高めていくことで、効率よく仕事を進めることができるようになるため、勉強をしていない人と業務効率において大きな差をつけることができます。

おわりに

今回は、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格と種類。オススメの資格についてご紹介させていただきました。

本記事をまとめると以下の通り

・マイクロソフトの資格に「スペシャリスト」と「エキスパート」の2種類がある
・マイクロソフトの資格を取得すると就活や転職にも有利に働く
・マイクロソフトのソフトは5つあり、それぞれで資格の取得ができる・資格の取得に迷ったら「Excel」がオススメ

これから、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました