就活で男性にメイクは必要?不要?第一印象を良くする方法

就活

これから就活が始めるけれど、男性はメイクをする必要があるのかな?」と疑問に思っている人に向けて、この記事を書きました。

メイクは、女性がするものというイメージが強いため、戸惑っているのではないでしょうか。

実は、メイクは男性が就活を成功させることにとても効果的なのです!うまく使えば、第一印象を良くすることができますよ。

この記事では、就活で男性がメイクをするメリットやメイクすべきパーツを紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

就活で男性がメイクするメリット3つ

ここでは、就活で男性がメイクするメリットはどのようなものがあるのかを説明していきます。主なメリットは以下の3つです。

  • 清潔感がでる
  • 健康的に見える
  • 自分に自信がでる

清潔感がでる

就活で忙しく睡眠が不足していると、ニキビが出てくるのも仕方ありません。しかし、肌が荒れていると、清潔感がないように見えてしまいますよね。

そんな時に肌荒れを隠すメイクを施すと、肌荒れのない綺麗な肌を演出できます。そして、面接官に第一印象で清潔な男性というイメージを与えられるでしょう。

健康的に見える

就活はストレスが多くかかるため、顔の血色が悪くなってしまったり、クマができてしまったりすることがあります。すると、面接官に不健康なイメージを与えてしまうかもしれないのです。

そこで、クマや血色の悪い部分に明るいファンデーションをつけてあげることで、新卒特有の健康的なフレッシュ感をだすことができますよ。

自分に自信がでる

どれだけ就活の面接の準備をしたとしても、面接当時の自分の容姿のコンディションが悪ければ、自信を無くしてしまうと思います。

しかし、肌荒れといったアクシデントや顔のコンプレックスをメイクで隠すことにより、面接に自信をもって挑むことができるのです。

男性の就活メイクで大事なパーツ

前章では、就活で男性がメイクをするメリットを説明しました。ここでは、特に顔のどこをメイクすれば相手に良いイメージを与えられるかについて説明していきます。

男性が就活でメイクすべき顔のパーツを3つ紹介していくので、どこをメイクすれば良いか分からない人はぜひ参考にしてくださいね。

  • 眉毛

①眉毛

まず1つ目に紹介するメイクすべきパーツは、眉毛です。

就活では髪を上げることが多いため、眉毛はとても人の目に入ります。

もし、眉毛がボサボサで面接を受けてしまうと、相手に垢抜けない印象や幼い印象を与えてしまいます。また、眉毛が細すぎると、不真面目な印象を与えかねません。

そのため、不要な部分の眉毛は処理し、薄い部分はペンシルやパウダーで色を足すようにしましょう。

就活中の黒髪に合う男性向けアイブローペンシルならLIPPS BOYのメンズアイブロウがおすすめです。色はグレーですが、主張しすぎないので自然に馴染ませることができますよ。

また、同じLIPPS BOYにはアイブローマスカラという商品もあります。こちらは自分の眉毛に塗ることで、色を黒から自然なダークブラウンに変化させることができるアイテムです。

眉毛は自分の髪の毛よりもやや明るい色の方が、爽やかな印象になりますし、マスカラで眉毛の流れを整えることができるので、清潔感も得られます。

アイブロウペンシルは書き慣れるまで難しく感じる方も多いと思いますが、こちらは塗るだけなので挑戦しやすいかもしれません。

②肌

つぎに2つ目に紹介するメイクすべきパーツは、です。

相手に第一印象で良いイメージを与えるためには肌をきれいに見せる必要があります。

そのため、クマやニキビなどの肌トラブルはファンデーションやコンシーラーで隠して、清潔感をだしていきましょう。

おすすめはメンズアクネバリアの薬用コンシーラーです。この商品は男性の肌に合わせた色味なので、メイク初心者の方でも使いやすいと思います。

また、ZASのメンズコンシーラーはホクロまで隠せるカバー力が魅力です。目の下の隈もしっかりと隠せますよ。

目立つホクロを隠したり、目元を明るくしたいなら、こちらを選ぶと良いでしょう。

コンシーラーだけでなく、BBクリームというファンデーションのような物を併用すると顔全体がトーンアップし、より好印象になります。

NULLのBBクリームはメンズ向けの商品があり、青髭も隠せるので、髭の濃さにお悩みの方にぜひおすすめしたい商品です。

③唇

つぎに3つ目に紹介するメイクすべきパーツは、です。

面接では口元まで見られないと思っているかもしれませんが、待合室から面接会場まで案内してもらうときや書類を渡す時など、意外にもみられる場面は多くあります。

そのため、少し色のつくリップクリームを使用することで、ふんわりと血色感のある健康的な唇を演出できますよ。

ヴァセリンの色付きリップなら、女性の口紅のようなはっきりとした発色ではないので男性にもおすすめです。ヴァセリンの保湿効果もあるので、自然な艶が手に入ります。

また、LIPPS BOYのリップクリームにはメンズ向けがあります。こちらも色付きリップですが、本体は白でシンプルなので、外出先で塗り直しやすいかもしれませんね。

男性が就活メイクの前にしておくべき準備3つ

これまで、就活でメイクをするべきメリットやメイクするべきパーツをお伝えしてきました。そのため、メイクの必要性が伝わったのではないのでしょうか。

しかし、いきなりメイクするのはちょっと待ってください!ここでは、就活メイクの前に準備すべきことを3つ紹介していきます。

  • 髭を剃る
  • 肌を保湿する
  • コンタクトを入れる

髭を剃る

メイクをする前に髭をそっておきましょう。

なぜなら、髭の上からではファンデーションやメイクがのらないためです。さらには、メイクした後に髭を剃ってしまうと、せっかく綺麗にしたメイクが崩れてしまいます。

そのため、メイクを始める前には顔の不要な毛の処理は済ませておきましょう。

肌を保湿する

メイクをする上で肌の保湿はとても重要な役割を担っています。

保湿がきちんとできていない肌の上にメイクをすると、メイクが肌荒れを目立たせてしまうことがあります。また、時間がたつと、汚くメイクがくずれてしまいます。

そのため、メイクをする前は、化粧品や乳液で入念にお肌を保湿しておきましょう。

コンタクトを入れる

普段コンタクトを使用している人は、化粧をする前にコンタクトを着用するようにしましょう。

家では眼鏡で生活して、家をでるときにコンタクトを着ける人もいるかと思います。

もし、化粧をしたあとにコンタクトをつけるとなると、手に残ったメイクの汚れが目に入ってしまいます。

そのため、メイクをする前の清潔な手でコンタクトを先に入れるようにしましょう。

まとめ:男性も就活でメイクをして、第一印象を良くしよう!

この記事では、「男性は就活でメイクをする必要があるの?」という疑問を解消するために、男性のメイクの重要性を伝えてきました。

就活で男性がメイクするメリットは以下の3つです。

  • 清潔感がでる
  • 健康的に見える
  • 自分に自信がでる

このように就活でメイクするメリットが多く存在するため、勇気を出してメイクをしてみてはいかがでしょうか。

はじめからメイクが上手にできるひとは少ないと思うので、本番の面接までに練習をして、面接は最高のあなたで挑んでくださいね。あなたの就活が成功するように応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました