ネイリストの資格取得

スキルアップ

ネイルは医療行為ではないので法律的には資格がなくてもネイリストを名乗ることができます。

しかし、ネイルサロンなどの求人で応募条件として資格の保有が絶対であったり、資格を持っていると給料に反映させたりなど様々な優遇しています。

この記事ではネイリストが資格を取得するメリットや取得方法について紹介していきます。

ネイリストとは

そもそもネイリストの仕事は、簡単に説明するとお客様の指先を整えて爪の手入れをする「ネイルケア」と爪にマニキュアなどの装飾を施す「ネイルアート」があります。

お客様と会話をしていく中で、お客様の生活やお仕事、好きなカラーやテイストを知って、お客様に求められた際に的確なアドバイスやデザイン提案を行う能力が必要となり、コミュニケーション能力や相手の情報を引き出す力が求められます。

ネイリストのほとんどはネイルサロンや美容院などで勤務し、ネイリストとしての経験を積みます。培った経験、技術、人脈を活かし、独立して自分のお店を開く人やフリーランスのネイリストとしてさらに活躍を求める人もいます。

こちらには資格の取得を目指せる講座がたくさんあります。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

ネイリストに資格が必要か?資格を取るメリットとは?

冒頭にも述べましたが、ネイリストは資格がなくても仕事をすることができます。実際にネイルサロンの求人には「無資格、未経験可」という募集内容も多くみられます。

しかし、昨今の日本では他者から認定された技術(=資格保持者)に対価を支払う風潮が強く、資格を取得している人の方が信頼されやすいので安定した顧客を得やすい傾向があります。そのため「資格取得者優遇」という求人も次第に増えつつあります。

また資格を取得するメリットとして給料アップが見込めたり、個人のサロンを開く際に自分の技術をアピールすることができます。資格を持っていなくて名前も知らない人のサロンにお金を払って行ってみるという人は少ないので、資格を持っているだけで看板になります。

ネイリストの資格取得をめざすならここ!
ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』

資格の内容と勉強期間

ネイリストにまつわる資格(検定)を紹介します。また、それぞれの資格を取得するために必要な勉強期間を紹介します。

勉強する時間は個人差が出てくるので、断定はできませんが一般的な目安として参考にしてください。

・JNECネイリスト技能検定3級:3か月
・JNECネイリスト技能検定2級:6か月
・JNECネイリスト技能検定1級:12か月
・JNAジェルネイル技能検定初級:2.3か月
・JNAジェルネイル技能検定中級:6か月
・JNAジェルネイル技能検定上級:6か月~12か月
・ネイルサロン衛生管理士:2.3か月
・認定講師資格試験:3か月

JNECネイリスト技能検定とJNAジェルネイル技能検定の試験内容を比較してみると、筆記のほとんどの内容が重複しているので、二つともの資格取得を目指している方は同時並行で勉強をすると効率がいいです。

また、ネイリストの資格試験の場合、筆記の試験対策だけでなく、実技の練習の時間も必要になってきます。参考書などを読んでインプットするだけでなく、実際に手を動かしてアウトプットをして体に覚えさせましょう。

さまざまな資格試験がありますが、自分が受ける試験に合わせた試験対策の時間を設けるようにしましょう。

ネイリストの資格を取得するのに必要なお金

ネイリストの資格試験の内容や取得するのに必要な期間がわかりました。
ここではネイリストの資格試験を受験する際に必要なお金について紹介します。

JNECネイリスト技能検定3級:6,800円(税込)
JNECネイリスト技能検定2級:9,800円(税込)
JNECネイリスト技能検定1級:12,500円(税込)
JNAジェルネイル技能検定初級:9,900円(税込)
JNAジェルネイル技能検定中級:13,200円(税込)
JNAジェルネイル技能検定上級:16,500円(税込)
ネイルサロン衛生管理士:10,560円(税込)
認定講師資格試験:26,400円(1次試験免除の場合、15,400円)

上記の金額は受験料のみの金額となっています。
ここからさらに資格の勉強をする際の費用もかかってくるので注意しましょう。

資格を取得するための勉強方法

資格を取得するためには大きく分けて独学、通信講座、スクールに通うの3つの方法があります。

それぞれのメリットデメリットを見分けて自分に合った勉強方法を見つけてください。

・独学

メリットデメリット
実際に働きながら勉強できるわからないことを質問できない
費用が安い同志がいないと不安になる

・通信講座

メリットデメリット
スクールよりも安価で場所を選ばない勉強に強制力がないので長続きしにくい
自分のペースで勉強できる質問がある場合でも数日間は解消されない

・スクールに通う

メリットデメリット
わからないことはすぐに質問できる費用が高い
就職サポートがある

まとめ

ネイリストになるのに資格は必須でありませんが技術があることを証明してくれるのが資格です。

もし将来、独立開業する際に心強いサポーターとしてネイリストの資格が役に立ちます。ネイリストを目指している方はこの記事を参考にして資格を取得してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました