就活相談のフィードバックをくれる先輩ってどうやって見つける?

就活

まずはサークルの先輩

まずはご自身が参加されているサークルの先輩なんていかがでしょうか?身近にいる人の分、気軽に声もかけやすいはずです。

学校の先輩であれば、既に就活を経験している可能性も高く、有力なフィードバックを得られやすいです。就活に有利な裏ワザを教えてくれるかもしれません。そういった身近な先輩から聞ける裏ワザであれば、信用度も高いですよね。

特に、お互いを良く知っている仲ということで、自己分析をする際に色々とアドバイスをもらえるかもしれません。身近な人から見た、ご自身の強みや弱みを発見できれば、就活に役立たせることが出来ます。

是非、1人でも多くの先輩からフィードバックをもらって、ご自身を見直す機会を作りましょう。とにかくご自身のことを、多くの人の観点から学ぶことを意識するのが大事です。

バイト先の先輩もおすすめ

バイト先の先輩もおすすめです。こちらも気心が知れている仲だと思うので、お互いとしてやりやすいはずです。

学校とは違って色々なタイプの先輩がいると思うので、よりご自身の就活に役立てられるはずです。ご自身とは違う環境で頑張っている人の意見を聞けるのが大きいです。

バイト先にはもしかしたら、正社員で働いている人もいらっしゃるかと思います。そういった先輩から話を聞けると更に有意義です。

正社員であれば、社会できちんと実践を積んでいるはずなので、より有意義なフィードバックを得ることが出来ます。そうすれば、ご自身にとって高い経験値を得ることが出来るでしょう。

もし、正社員で働いている先輩がいたら、色々フィードバック以外も聞いてみるといいでしょう。そうすれば実際にご自身が社会で働く時のイメージがしやすくなるはずです。

学校のキャリアセンターを頼ろう!

学校には恐らくキャリアセンターがあるところが多いと思います。キャリアセンターであれば、就活について熟知した職員から話を聞けるはずです。エントリーシートなども見てもらえることが多いので、便利です。

面接対策を行ってくれる場合は、積極的に活用しましょう。面接の練習にもなりますし、プロの目線で的確なフィードバックをしてくれます。そうすればさらにご自身を見直せる、いい機会になるでしょう。

キャリアセンターには、就活に関する情報が蓄積されているので、少しでも困ったことがあれば相談しましょう。そうすれば、すぐに疑問を解決できるはずです。

OB訪問を使う際などにも役立つので、キャリアセンターは有効的に活用していきましょう。

OB訪問を駆使しよう!

就活のフィードバックの際に一番有力なのは、OB訪問だと思われます。実際にご自身が行きたい企業で働いている先輩の声を聞けるのは、かなり効果があります。

実際どういう風に働いているのか、面接でどんなことを聞かれるのかなど、知りたい情報を手に入れやすいです。また、働いている先輩からフィードバックを得られれば、よりその企業に特化した面接対策ができるはずです。

もちろん、OB訪問は忙しい中で先輩に来ていただいているという自覚を持って、失礼の無いように接しましょう。OB訪問も選考の一環であるくらいの意識を持つことが大切です。

有力な情報をOB訪問で効率的に獲得して、是非ご自身の就活に大いに役立てましょう。

最近は就活用マッチングアプリも!

とうとう最近では、就活用のマッチングアプリまで登場しました。国内でも需要が高く、利用者は数多くいると言われています。ご自身に対してのフィードバックもしてもらいやすいです。

なんといっても、アプリで手軽に社会人の声が聞けるというのが人気の理由として大きいと思います。こういった手軽さというのは、若者にとって非常に魅力的です。

内定者、既に企業で働いている人、違う業界で働いている人など、幅広く選べるのもマッチングアプリの強みです。自分の就活の状況と照らし合わせて会う人を選べるので、そういった点でも利便性に優れています。

インターンが受けられたり、独自の選考を受けられる場合もあるので、是非相談してみましょう。より新しい形の就活をしたいのであれば、就活用マッチングアプリは非常におすすめです。

まとめ

就活において、ご自身にとって役立つフィードバックを得る方法は様々です。身近な先輩を頼ったり、キャリアセンターを活用したり、OB訪問だったりと自分に合ったものを選べます。いずれも、忙しい中で対応してもらってることを意識して、きちんとした態度で臨みましょう。

最近では、就活用のマッチングアプリも登場し、より新しい就活方法が生まれています。是非、多くのやり方を試してみて、ご自身の就活に最大限の形で役立てていただければと思います。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました