【業界別】就活で有利になる資格は?英語力は必要なの?

就活

こんにちは。皆さん、就活は順調ですか?就活をする上で、どうしても脳裏に浮かんでくるものがありますよね?ずばり「資格」のことです!

「運転免許ぐらいしか持ってないよ…」

「大学でいくつか資格取ったなぁ」

「資格マニアだから、資格って名のつくものはいろいろ持ってるよ!」

などなど、いろんな声が聞こえてきそうです。

今はいろいろな資格が世の中に出回っています。即戦力として企業からの評価に繋がる実用性の高いものから、自己満足に近い趣味的なものまで種類は様々です。

「資格は持っているに越したことはない」と考える人は多いですが、実際のところ就活用に取っておいた方が資格ってあるのでしょうか。そもそも資格の有無は就活の合否にどれくらい影響を与えるのでしょうか。今回は就活における「資格」について、詳しくお伝え致します。

資格の有無は採用に関係ある?それとも関係ない?

資格を持っているかどうかによって、採用の合否は変わってくるのでしょうか。先にその答えをお伝えすると、やはり資格を持っている方が就活には有利です。会社によっては保有している資格次第で手当てをもらえる場合もあります。

だからといって、受かりそうな資格を片っ端に受け続けるのはお勧めしません。自分が働きたい業界について充分に下調べをした上で、どんな資格を取ることが自分にとってプラスになるのかを考えることが大切です。計画的に学習することで、正しく知識を習得することができるのです。この記事では、業界別にお勧め資格を紹介していきます。

どの業界でも有利になりやすいのは「英語関連」の資格

始めに、どの業界を志望するとしてもお勧めできる資格を紹介します。

それはずばりTOEIC!英語です!

今はどの企業でも英語力を必要としています。ですが、日本人は何故か英語を敬遠しがちです…。それはチャンスでもあります。英語に自信がない人達の中で英語力をアピールできれば、他のライバルから一歩も二歩も内定獲得に近づけるのは確実です。これからの時代、英語力を鍛えることで活躍できる場がどんどん広がっていきます。TOEICは世界基準の試験です。英語力の評価を得たいのであれば、是非TOEICを受験して、高得点を目指しましょう。

【業界別】 就活で有利になる資格

次に英語力以外にお勧めしたい資格について、業界別に紹介をします。比較的難易度の低い資格を中心にお伝えをしますが、中には難易度が高いものの、その業界で働くのであれば取得はほぼ必須と言えるものもあります。

繰り返しになりますが、意識すべきは志望している業界に適した資格を取得することです。これから紹介する資格を参考に、自分がどの資格取得を目指すべきなのか考えてみてください。

総合商社を目指すなら取りたい資格「日商簿記2級以上」

総合商社の稼ぎの柱は商取引と事業投資です。事業投資を行う上で、投資先の業績状況を把握する能力は必須です。簿記の力を身につけておくことで、ある程度の会計知識を得ることができます。3級は入門編といえる難易度のため、意外と取得している人が多いですので、アピールとしては弱いかもしれません。就活でのアピールに使いたいのであれば、2級以上の取得がお勧めです。

金融系を目指すなら取りたい資格「FP技能士」

金融系を志望している場合、お客様の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案や相談に必要な技能を習得しておく必要があります。その能力を証明する資格がファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーにはFP技能士・AFP・CFPなど複数の資格がありますが、お勧めしたいのはFP技能士です。何故ならFP技能士は国家資格で生涯有効の資格であるためです。AFP・CFPは民間の資格で更新が必要となります。FP技能士には1〜3級の難易度がありますので、初めて受験する場合は難易度の低い3級からチャレンジすると良いでしょう。

不動産系を目指すなら取りたい資格「宅地建物取引士」

不動産業界で働くのなら、是非この資格の取得をお勧めします。この資格があることで、仕事の幅が格段に広がり、社内でも重宝される存在になれるからです。ただ、この記事で紹介する中では難易度が高めの資格です。

宅地建物取引士として働くためには、試験合格の他に2年間の実務経験もしくは登録実務講習へ参加をした上で、都道府県知事への登録申請側必要となります。時間や手間のかかる資格ではありますが、その分得られるものはたくさんある資格といえます。

まとめ

目指す業界を決めた上で資格取得に向けて勉強しよう!

世の中には数え切れないほどの資格があります。だからといって、闇雲に資格を取り続ける必要はありません。資格の話題を通じて採用担当者が知りたいのは、「何故この資格を取ったのか」「この資格を取るためにどんな努力をしたのか」という2点です。

ただし、国家資格レベルであれば、「資格を持っている=即戦力」と判断されますので、他の応募者よりも圧倒的に有利になります。しかし、当然ながらその資格を持っていないと応募すらできない求人もたくさんあります。

働きたい業界が決まっているのであれば、その業界に特化した資格を取ることが有効です。それが就職への一番の近道です。しっかりと目的を持って、どの資格の取得をすべきか決めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました