文系でもエンジニアになれる??

就活

「学生の頃何気なく選んだ『文系』が、エンジニア就職に響くのではないか…。」

「エンジニアは難しい文字列を扱える理系じゃなきゃ出来ないのでは…?」

こんな悩みをもっているなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

文系はエンジニアになれるのか、エンジニアの仕事内容やキャリアステップなど様々な疑問にお答えします。

エンジニアとは?

プログラムコードが書かれた画像

エンジニアとは、日本語で「技術者」と訳されます。広義に工学、機械、インフラ、ITなどの技術者を意味しますが、近年は「ITエンジニア」のことを指すことが一般的になりました。

大手就活サイトや広告でよく目にするエンジニアは、ほとんどITエンジニアのことです。

エンジニアの種類・仕事内容

ITエンジニアの業務は広く、ソフトウェアの開発やWebサイトの構築など様々です。

代表的なエンジニアをいくつか挙げてみましょう。

システムエンジニア

コンピュータシステム開発においてクライアントの要望を聞いてシステムの要件定義をし、設計書の提示や開発、それに関わるテストなど幅広い業務を行います。

プログラマ

プログラマはシステムエンジニアなどが作成した設計書をもとにシステムを実装する役目を果たします。

C言語やJavaなどの開発言語を用いて実際にコーディングしていき、プログラムを機能させるようにするのが仕事です。

専門が多岐に亘るため、プログラマと一口に言えないほど幅広く分かれています。

インフラエンジニア

エンジニアに必要不可欠なデータなどを管理する基盤ともいえるサーバーの構築や運用をします。

システムの大本を管理するだけあってエンジニアの中でもなくてはならない職種です。

業務内容は、基本的にヒアリングからテストまでシステムエンジニアと同じですが、扱う機器が異なり、サーバーやデータのインフラに関する知識が求められます。

Webエンジニア

Webエンジニアは主にWebサイトやECサイトなどのWebサービスにおけるシステムの構築や運用を任されます。

Webサイトを一つ作るためにディレクターやデザイナーなど様々な立場の人とうまく協同し、システムを作り上げます。

共通して、エンジニアの仕事はクライアントの要望をヒアリングするところから始まります。

イメージを設計し、様々な人の要望を擦り合わせて完成させたものを納品します。

開発の知識だけでなく、コミュニケーションスキルも非常に重要な要素になります。

いまエンジニアが足りてない3つの理由

ヘッドホンしてパソコンを使っている男性の画像

業界内の人間は「エンジニアは人手不足」と嘆いています。

エンジニアは稼げる・稼げないの両極端な意見が飛び交う中で、エンジニアがなぜこんなにも不足しているのか、3つの理由とともに詳しく説明します。

IT業界の市場成長

まず、単にIT業界の市場が急速に成長しているから人材の供給が追いつかないという理由が挙げられます。

これに関しては、IT業界の性質そのものが原因というより、急成長している業界ならではの理由で、今後解消していくことが予想される原因になります。

キャリアアップしづらい

エンジニアの収入や待遇はピンキリだとよく言われます。

これには、必要とされるスキルを持つ人材が順調にスキルアップを可能にし、スキルの育たない人材が依然キャリアアップを望めないというのが一つの原因です。

企業はスキルを持った人材を求めています。

特に30代を過ぎてから未経験転職となると一からキャリアを積む必要があり、多くの場合、前職の収入より下がるのが現状です。

また、エンジニアの仕事がアウトソーシング化されていくことによって、スキルの要らない転職をした下流のエンジニアはスキルアップしにくいです。

そのため、いま話題のプログラミングスクールなどである程度のスキルを手にしてから転職をする人が非常に増えています。

スクールの是非はここでは問いませんが、それぐらいスキルのない人材のキャリアアップは難しいと言えます。

未だに根付くネガティブなイメージ

エンジニアは3K(キツい・帰れない・給料が安い)というイメージを多くの人が持っています。

いわゆる下流のエンジニアは、これに当てはまってしまうこともありますが、すべてのエンジニアが3Kに当てはまっているわけではありません。

もちろん、定時で帰れて給料も充分もらっているエンジニアもいます。

しかし、職場やスキルによる違いが大きいため、多くの未経験エンジニアは最初の職場で3Kを感じ、辞めてしまうことがあります。

文系でもエンジニアになれるか

結論から言うと、文系でもエンジニアになれます。

エンジニアは理系の仕事という考えは、今では古い考えです。

今や多くの企業が理系文系問わず若者を積極的に採用しています。

一つの企業に文系のエンジニアが1人もいないなどということはほぼあり得ないのではないでしょうか。

エンジニアには難しい文字列を理解し、論理的な思考と合理的な判断など、理系の能力が必要です。

しかし、他業種の人との潤滑なコミュニケーションやデザイン、クライアントやエンドユーザーのニーズを読み取り、それに応えるという柔軟な文系的能力も必要不可欠なのです。

文系だからといってエンジニアには向いていないとは誰にも言えません。

文系でもエンジニアになれます。

まとめ

ノートパソコンを使っている画像

文系でエンジニア就職・転職を迷っているという方へ、文系のエンジニアについてご紹介しました。上述したように、エンジニアが足りない理由にはネガティブなものもありますが、エンジニアの市場価値はどんどん高まっていくことは周知の事実です。エンジニアの可能性を信じて、ぜひ目指してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました