【必見】HTML5プロフェッショナル認定の内容を解説!

スキルアップ

 HTML5プロフェッショナル認定は、特定非営利活動法人であるLPI-JAPAN(エルピーアイジャパン)が、 HTML5、CSS3、JavaScriptなどのプログラム言語に対する技術と専門的知識を認定する資格です。

この記事では、「HTML5プロフェッショナル認定とは何か」から「試験の概要」や「勉強の仕方」などについて紹介します。

HTML5プロフェッショナル認定とは

HTML5プロフェッショナル認定は、前述したように、特定非営利活動法人であるLPI-JAPANが認定する資格試験で、レベル1とレベル2があります。

レベル1:Webコンテンツ制作の基礎の実力を測る

レベル2:システム連携と最新のマルチメディア技術に対応したWeb開発・設計の能力を測る

という目標が示されています。

レベル2を受けるためには、レベル1の資格が必要であり、資格の有効な期間は5年間なので、一度とってしまえば、永久的に保持できる資格とは異なり、効力が切れる前に受けなおさなければ資格を失うことになります。

レベル1の方はWebデザイナーの方に適した内容となっており、レベル2はWebエンジニア向けの内容となっています。

webデザインに関係する資格の取得を目指す方に
ウェブデザイン系の資格取得を目指すなら

試験の概要

 レベル1の試験は90分で60問が出題され、 試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。マウスを用いた選択方式がほとんどなのですが、キーボードで入力する問題も何問か出題されます。受験料は15000円(税別)で、 日時・会場は、全国各地から自由に選んで受験できます。コンピューターによる試験なので、合否の結果は 試験の終了と同時に分かるシステムになっています。
 
 レベル1では、HTML5とCSSに習熟しているかどうかが問われ、スマートフォンなどのマルチデバイス対応の動きがないサイトが作れる知識が身についているかどうかが出題されます。

 先ほども述べましたように、レベル2を受けるためにはレベル1の合格が必要なので HTML5プロフェッショナル認定を目指す方は必ず受けなければならない試験です。

 レベル2の試験は90分で40~45問が出題され、レベル1と同じくコンピュータベーストテスト(CBT)で受験料も15000円(税別)です。日時・場所等もレベル1と同じです。

 レベル2では、JavaScriptの知識も本格的に問われ、レベル1と異なり、動的なサイトを作る能力が問われます。アプリ作成やAPIの知識も本格的に問われるので、Webエンジニアの方にとって技術を証明できる内容になっています。

webプログラミングを本格的に学ぶならここがおすすめ!
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門

資格の意義

 HTML5プロフェッショナル認定では、マルチデバイスに対応する能力が厳しく問われます。HTML5はパソコン、スマートフォン、タブレットなどいろいろなデバイスで採用されている技術なので、このようなコンテンツを開発する際には大きな評価を得られます。

試験内容自体がコンテンツを作成するプロセスを追体験するシステムになっているので、実務においても即対応できる技術を身につけている証明ということになります。

 IT技術の進展とマルチデバイス化に伴って、より高い視点からWebシステムを俯瞰できるようにレベル2を受ける方も年々増えています。大手企業においても、 HTML5認定を全員取得することを推進する企業が増えており、これからますます需要が増えてくる資格なので学生の方でも取得していると就職に、かなり有利になります。

また、転職をする方にも有効です。面接などでは、この試験を受ける上で身につけた知識で深い技術の話にも入っていけますし、自分には何の技術があるのかを示す大きな指標になるからです。

 このようにHTML5プロフェッショナル認定は、IT社会の構築にとって欠くことのできない技術を保持していることの証明なので、持っていることは非常に意義があり、その価値はこれからも増していくとみられています。

webについて学ぶならこちらもおすすめ!
TechAcademy [テックアカデミー]

資格の勉強方法

 HTML5プロフェッショナル認定の学習方法については、公認の参考書、問題集、学習サイトがそろっているので、それを中心に勉強を進めることになります。

参考書は「マイナビ出版」「秀和システム」「翔泳社」から、レベルごとにテキストと問題集が公認教材として出版されています。どの出版社のものが自分に合うのかは人それぞれなので、本屋で実際に中身を見てから決めるのがおすすめです。

 さらにテキストだけではなく、公式サイトでも紹介されているように、オンラインの学習サイトが存在します。サンプル問題も掲載されているので、一通り、勉強が終わったならば実力を試すために解いてみることをおすすめします。本試験の感覚が体験できるので非常に重要な学習の機会となります。

 まずテキストで知識を固めてから、問題集を解いていって実戦感覚を身につけていくのが良いでしょう。

web系の知識を最初から身に着けたい方におすすめ!
未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

まとめ

 HTML5プロフェッショナル認定は万が一に不合格となっても、5日たてば受験料はかかりますが、再受験することができ、合格のチャンスは非常に大きい試験であるといえます。

 また、近年のIT社会の発達を考えると、この試験の求める水準の知識を身につけていることは非常に重要です。 

 この機会にぜひ取得を目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました