デイトラのRuby/Railsコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

「デイトラのRuby/Railsコースが気になってはいるけど、実際の口コミを確かめてから受講するか決めたい!」

「Webアプリケーションを作ってみたい!効率よく身に着けることができるスクールはないのかな?」

この記事では、「デイトラのRuby/Railsコース」のリアルな口コミや評判について徹底的に紹介します!

また、デイトラのメリットやデメリット、おすすめな人やおすすめできない人についても解説します。

Webアプリ開発スキルを身につけて稼ぎたい人は、最後まで読んでくださいね!

目次

デイトラのRuby/Railsコースの口コミや評判について

デイトラのRuby/Railsコースの口コミや評判についてまとめました!

  • エラーで1日を使い果たしてしまう
  • 初級編ですら難易度が高い
  • 理解できないところが浮き彫りになる演習課題
  • Progateでは学習できなかったことも勉強できる
  • 要点をまとめるだけでまあまあ時間が経つ

それでは一つずつ確認していきましょう!

口コミ①:エラーで1日を使い果たしてしまう

中級編にトライするものの、エラーばかりで1日を使い果たしてしまったという口コミを確認しました。

充実した内容になっていることがわかりますね。

https://twitter.com/ito_ss490/status/1420031688634216456?s=20

口コミ②:初級編ですら難易度が高い

初級編を30日間やりきったものの、アプリがなぜ動くのか分からず難易度の高さを感じている方も多いみたいです。

https://twitter.com/pg_kichi/status/1393496830000857090?s=20

口コミ③:理解できないところが浮き彫りになる演習課題

理解できていないところが、演習問題をすることで浮き彫りになるそうです!

わかったつもりを防ぐことができる良い教材ですね。

https://twitter.com/nio_39/status/1402269546573139972?s=20

口コミ④:Progateでは学習できなかったことも勉強できる

Progateで学習できなかったUIについても勉強できたという口コミを確認できました。

https://twitter.com/katsucode/status/1270976202526744576?s=20

口コミ⑤:要点をまとめるだけでまあまあ時間が経つ

情報がたくさんありすぎて、要点をまとめるだけで時間が経つという口コミを確認しました。

https://twitter.com/arata_rookie/status/1389358628029693955?s=20

デイトラのRuby/Railsコースのメリット・デメリットは?

デイトラのRuby/Railsコースのメリットやデメリットについて解説します。

  • Webアプリケーションの基本を学べる
  • ポートフォリオにもなる開発課題
  • Windowsに非対応

それでは一つずつ確認していきましょう!

メリット①:Webアプリケーションの基本を学べる

デイトラのRuby/Railsコースでは、JavaScriptを使ったサイト改善やRubyによるプログラム作成、RailsによるWebアプリ作成スキルなどについて学ぶことができます。

初級編・中級編・上級編というように段階を踏んで学ぶことはできるため、プログラミング未経験の方でも安心して取り組むことができます。

Webアプリケーションの基本からしっかりと学びたい人におすすめです!

メリット②:ポートフォリオにもなる開発課題

デイトラのRuby/Railsコースでは、Ruby/Railsを使ってWebサイトを開発する演習課題があります。

その課題で作成したWebサイトは、ポートフォリオとしても利用することができます。

他スクールではオリジナルのポートフォリオではないため、転職活動に使えない場合も多いです。

その点、デイトラではポートフォリオ作成に必要なスキルを学びながら、作成後にスキル証明として活用できるメリットがあ ります!

デメリット:Windowsに非対応

デイトラのRuby/Railsコースでは、Mac専用のコースとなっています。

そのため、Windowsユーザの方はMacを用意しなければならないというデメリットがあります。

ちなみに、Webアプリ開発において必ずしもMacである必要はないものの、私の周りを見ているとMacユーザの方が多いのも事実です。

PCを持っていなくて迷っているという方は、この機会にMacを新調してみても良いでしょう。

デイトラのRuby/Railsコースの受講料金まとめ

デイトラのRuby/Railsコースの受講料金についてまとめました。

入会金受講料金
不要99,800円

デイトラのRuby/Railsコースがおすすめな人・おすすめできない人

デイトラのRuby/Railsコースがおすすめな人とおすすめできない人について解説します。

  • フリーランスWebエンジニアになりたい人
  • Ruby/Railsに特化して学びたい人
  • 意欲がそこまで高くない人

それでは一つずつ見ていきましょう!

おすすめな人①:フリーランスWebエンジニアになりたい人

デイトラのRuby/Railsコースでは、ポートフォリオとして利用できるWebアプリを作成できます。

また、開発に欠かせないGithubでのコード管理やデバッグ、アプリの公開まで、Webアプリ開発に欠かせないスキルを一貫して学ぶことができます。

デイトラのカリキュラムを消費する頃には、Webアプリ開発エンジニアとして十分なスキルを身につけていることでしょう。

そのため、Webアプリ開発を仕事とするフリーランスになりたい方におすすめのスクールです!

おすすめな人②:Ruby/Railsに特化して学びたい人

デイトラのRuby/Railsコースでは、RubyやRailsに関連するスキルに特化して学ぶことができます。

テストフレームワークのRspecの使い方デバッグ、拡張機能のAjaxについても習得できます。

そのため、Ruby/Rails周辺のスキルを極めたい人におすすめのコースです!

おすすめできない人:意欲がそこまで高くない人

デイトラのRuby/Railsコースでは、自主型のスクールとなっています。

そのため、自分でモチベーションを維持しながら続けることに自信がない方は、挫折する可能性が高くなるためあまりオススメできません。

講師と二人三脚で学習を進めたい方にオススメのスクールが「テックアカデミー」です!

現役のエンジニアによるマンツーマンレッスンを受けることができるので、1人で進めるのが不安な方でも安心して受講することができます!

Ruby/Railsについて学べるおすすめスクール!

Ruby/Railsについて学べるプログラミングスクールを厳選しました!

  • Tech Academy(テックアカデミー)
  • DMM WEBCAMP
  • CodeCamp(コードキャンプ)

それでは一つずつ見ていきましょう!

おすすめスクール①:Tech Academy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)は、選考通過率10%を突破した技術力の高いメンターに教えてもらえるメリットがあります。

また、オンライン上で提供されているテキストに従って自分のペースで進めていく学習スタイルです。

また、「Webアプリケーションコース」では、オリジナルアプリの開発ができるので、学びながらポートフォリオ作成が可能となっています。

口コミや評判については、参考記事をご確認下さいね。

参考:プログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」のWebアプリケーションコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

おすすめスクール②:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、本業が忙しい社会人やパートタイムで働きながら通う主婦向けに考えられた学習スケジュールや学習スタイルが特徴的なスクールです。

また、1人1人に合わせたカリキュラムで学ぶことができるメリットもあります!

特に、Reスキル講座に認定されている「短期集中コース」では、たったの3ヶ月でWeb制作に必要なプログラミングスキルを身に付けることができます。

さらには、チーム開発の経験もできるので、未経験からWebアプリ制作会社に転職したい人にもオススメできるスクールです!

DMM WEBCAMPの口コミに関しては、参考記事にて紹介しています。

参考:プログラミングスクール「DMM WEBCAMP」の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

おすすめスクール③:CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)は、自分に合った講師を好きに選択できる独自のシステムがあります。

また、チャットで気軽に現役エンジニアと相談できる「キャリアTalk」や転職エージェントサービスなど転職支援サポートも充実しています。

CodeCamp(コードキャンプ)の「アプリマスターコース」では、iOS/Android両方のアプリ開発スキル学ぶことができます。

複数のアプリ開発スキルを身につけたい人にオススメのスクールです!

CodeCamp(コードキャンプ)の口コミや評判のついては、以下の参考記事をご確認くださいね!

参考:【噂検証】CodeCamp(コードキャンプ)は悪評高いスクール?最悪で悪いの?現役エンジニアが徹底解説!

まとめ:まずはサンプル動画をチェックしてみよう!

今回、デイトラのRuby/Railsコースの口コミや評判についてみてきました。

初級編からしっかり作り込まれているカリキュラムになっているため、卒業後にWebアプリ開発の即戦力人材として活躍することも可能と言えます。

この記事を見てデイトラが気になった方は、まずサンプル動画をチェックしてみましょうね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる