クラウド会計ソフトのおすすめって何?

フリーランス

日常業務におけるさまざまな取引の記帳が必要な経理業務は、税制改正や仕入税額控除などの法改正を理解し、速やかな対応が求められる負担の多い業務であるともいえます。

それらの負担を軽減するのが「クラウド会計ソフト」です。

今まで手作業で行ってきた処理の多くを自動化することによって、業務の効率化やミスの削減が可能になりました。

このクラウド会計の特徴は、簿記会計に不慣れな人でも使いやすいという点にあります。

たとえばインターネットバンキングやクレジットカードと連携して明細を自動取得して自動仕訳を行う機能は、グラウド会計システムであれば、ほぼデフォルトで備わっています。

またインストール型であっても明細をデータ化して取り込めば、自動仕訳をすることができるようになります。

今回は、数多くの種類のあるのなかから、おすすめのクラウド会計ソフトについて、その特徴や導入するメリットやデメリット、実際の導入事例などをご紹介していきたいと思います。

クラウド会計とは何か

パソコンで会計処理をする場合、従来は、パソコンのローカル環境に会計ソフトをインストールして、データを保存するのが一般的でした。

クラウド会計とは会計ソフトをクラウド化し、インターネットを利用してサーバーにデータを保存する会計処理の方法のことです。

インターネット環境のある場所ならどこからでも利用することができるため、テレワークやリモートワーク、移動中など場所を選ばずアクセスすることができます。インターネットにつながり動作環境を満たすパソコンさえあれば、ローカルマシンに会計ソフトを1台ずつインストールする必要がなく、セットアップの手間もなくすぐに利用することができます。

クラウド会計が注目されている理由は?

たとえば人工知能のAIが、勘定科目や取引先、摘要などの仕訳データを学習することにより、効率的
な処理ができ人為的なミスも減らせるでしょう。

経営者や顧問税理士もすぐに現在の経営状態を把握できるため、経営計画や資金繰り、業務改善や節税対策などがスピーディーに行えます。

このようにクラウド会計なら、パソコンからでもタブレット・スマホからでも、場所や時間を選ばずデータを活用できます。

このような理由からグラウド会計が注目されているのです。

グラウド会計ソフトを導入するメリットは?

サブスクリプション型サービスのためソフト購入やメンテナンスが不要

クラウド会計は月額や年単位で、必要な機能のある料金プランを選んで利用できます。

会計ソフトを購入してパソコンごとにセットアップやバージョンアップといった手間がなく、利用台数の制限もありません。

バージョンアップのたびに会計ソフトを買い替える必要も、その都度インストール作業を利用台数分行う労力もかかりません。手間とコストの 大きな削減につながります。

消費税増税や仕入税額控除などの法改正にもいち早く対応し、つねに最新バージョンの機能が提供され、正しくデータに反映されます。

銀行やクレジットカードのweb明細、他のソフトと連携し自動入力ができる

最初に金融機関のweb入出金明細とのAPI連携を設定すれば、あとは自動的にデータを更新できます。

給与計算や経費精算システムなどとも幅広く連携可能なため、さらに効率よくデータを活用できます。

経理担当者の作業負担の軽減と人件費の削減につながり、担当税理士による修正業務も軽減できます。

サポート体制が万全なため疑問点がすぐに解消できる

ユーザーへのサポートはメール、チャット、電話などの方法で対応してもらえます。

インターネットを利用したクラウド会計なら、ユーザーとサポート担当者が同じ画面を共有してリアルタイムで、チャットでやり取りすることも可能です。具体的でわかりやすいサポートが受けられます。

時間がある場合はメール、直接聞いた方が早いなら電話など、その場に応じて使いたいサービスを選べます。

グラウド会計ソフト導入のデメリットは?

インターネットに常時接続する必要がある

クラウド会計はインストール型の会計ソフトと異なり、常時インターネットに接続して業務を行う必要があります。

電波が途切れたときも、入力データがうまく反映されないケースがあります。

通信事業者の大規模通信障害などが発生すれば、その間の業務が滞る場合もあり得ます。

その際は他事業者の通信を使うなど別の対応が必要になります。

導入後の設定や慣れるまで時間が必要

クラウド会計に限らず、長年親しんだソフトから他社のサービスに変更した場合の手間が生じます。

銀行口座や取引先、自社独自の取引や勘定科目の設定など細々とした初期設定が必要です。

またUIがガラッと変わった場合の違和感があり、画面や操作などに慣れるまでにしばらく時間がかかります。

利用者のセキュリティ対策の撤底が必須

社外のどこからでも利用可能のため、その分情報漏えいのリスクは高まります。

パソコンやタブレットの紛失や盗難の対策をするとともに、画面ロックやログインの二段階認証、
デバイスを持ち去られた際は遠隔操作でロックするなど、でき得る限りの情報流出の予防が必要です。

会社のパソコンではなく個人のパソコン・スマホからアクセスする際は、不正ログインによる情報漏えいの被害を未然に防ぐためにセキュリティソフトの購入も徹底しなければなりません。

クラウド会計ソフト選定のポイントは

作業負担の軽減が可能かどうか

クラウド会計は、クレジットカードのweb明細やインターネットバンキングと自動連携ができれば、大変な作業効率化が実現できます。

自社で利用している銀行口座やPOS等との自動同期ができなければ、今まで通り手作業になってしまいます。

それでは経理担当者にとってみれば、わざわざ新しいサービスを導入する意味がありません。作業効率化が見込めるかどうかは十分に吟味する必要があります。

自社に必要な機能がカバーされているか

自社独自の請求書発行や販売管理システムなどを構築している場合、それぞれの連携が可能かどうかも重要なポイントです。あるいは一新して、さまざまな機能が備えられている上位プランの導入の検討が必要です。

長いスパンで見ればクラウドで一本化できる方が面倒ではなく、将来的に機能面でのグレードアップに対応しているサービスを選ぶと安心です。

ランニングコストが適正か

機能やサポートなどに応じてさまざまな料金プランを設定しているところがほとんどです。プランの選択肢によってはランニングコストが肥大化する可能性もあります。料金と機能面やサポート面などトータルの比較をした上で、適したサービスを選ぶことが重要です。

クラウド会計ソフトはどこがおすすめ?

freee(フリー)

自動で会計を軽くする「freee(フリー)」 は2013年にリリースされて以降クラウド会計ソフトのトップシェアを有しています。

「簿記知識ゼロでも使える」をコンセプトに、自動仕訳や銀行口座やクレジットカードの利用明細取り込み機能で会計業務を効率化することができます。

ただし、簿記の知識がまったくのゼロで利用するのは難しいでしょう。

MoneyForward

会計事務所が勧めたいグラウド会計ソフトNO1!「MoneyForward」

クラウド会計ソフトと言えば、freeやMFクラウドをあげるケースが多いのですが、クラウド会計ソ
フトとしては、簿記スキル中級以上の人に好まれる製品です。

データバックアップを3重に管理し堅牢なセキュリティによって保護されているため、企業の大切な会計データを保護することができます。

ネットde記帳

全国商工会議所連合会が提供している会計ソフトです。

税理士視点で作られていることから、企業が導入するより税理士に人気の高いソフトです。

商工会による経理業務のサポートが付帯する点が魅力のソフトなのです。

フリーウェイ会計Pre

比較的低コストで導入することができるクラウド会計ソフトです。

機能が充実しているために、企業はもちろん税理士にも人気のソフトです。

弥生会計オンライン

弥生会計シリーズのグラウド版です。

パッケージ製品と同様の機能を、パソコンへのインストールなしで導入することができます。

弥生会計特有のサポートサービスも充実しているので、初めて会計ソフトを導入する企業にもおすすめのソフトです。

まとめ

今回はクラウド会計システムについてご紹介いたしました。

この記事を読んで少しでも興味を持った方がいらっしゃれば、まずは資料請求から始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました