建築士を目指す上で知っておきたい3つのこと!建築士に向いている人も解説

建築士 キャリア

「建築士」には資格が数種類あることをご存知ですか?

建築士という職業を聞いたことはあっても、実際にどんな資格が必要か分からない人が多いでしょう。

実は資格の種類によって、建築士としてできる仕事の範囲が決まっています。

この記事では

・建築士になるために必要な資格と種類
・資格を取るための条件
・あなたが向いている建築士の種類

上記について説明します。

建築士資格は3種類|資格の違いを解説<

建築士には3種類の資格があることを知っておきましょう。

なぜなら資格によって、携われる仕事が違うからです。

建築士の資格3種類は下記の通りです。

・一級建築士
・二級建築士
・木造建築士

順番に解説します。

一級建築士

一級建築士は3種類の資格の中で、最も難易度が高い資格です。

理由は、携われる建築物に制限がないからです。

・大規模な商業施設
・オフィスビル

上記のような大きな建築物の設計もでき、特に上限もありません。

そのため、建築士資格の中でも高難易度の資格となっています。

二級建築士

二級建築士は一級建築士に比べると、資格取得がしやすいでしょう。

携われる建築物に制限があるからです。

二級建築士は、オフィスビルや商業施設などの大きな建築物は設計できません。

制限はありますが、主に戸建住宅程度の規模であれば

・木造
・鉄筋コンクリート
・鉄骨造

上記の設計が可能です。

一級建築士よりも資格取得しやすい反面、二級建築士は携われる建築物に制限があると覺えておきましょう。

木造建築士

木造建築士は3種類の資格の中で、もっとも携われる建築物が狭い資格でしょう。

その名の通り、木造住宅程度の建築物に限られるからです。

しかし携われる建築物の規模に制限があるだけで、受験資格については二級建築士と同じものが求められます。

木造建築士は携われる建築物が木造住宅程度に限られますが、二級建築士と同じ受験資格が求められることを知っておきましょう。

建築士資格を取得に必要な要件

ここまで建築士資格の違いについて解説しました。

では受験資格はどこまで違うのでしょうか?

それぞれの受験資格を説明します。

一級建築士

一級建築士の受験資格は下記の通りです。

・大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等において指定科目を修めて卒業した者
・二級建築士
・建築設備士
・その他国土交通大臣が特に認める者(外国大学を卒業した者等)

※公益財団法人 建築技術教育普及センターHPより引用

一級建築士

二級建築士の受験資格は下記の通りです。

・大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校、職業訓練校等において、指定科目を修めて卒業した者
・建築設備士
・その他都道府県知事が特に認める者(外国大学を卒業した者等)
・建築に関する学歴なしの場合は、実務経験7年以上

※公益財団法人 建築技術教育普及センターHPより引用

木造建築士

木造建築士の受験資格は下記の通りです。

・大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校、職業訓練校等において、指定科目を修めて卒業した者
・建築設備士
・その他都道府県知事が特に認める者(外国大学を卒業した者等)
・建築に関する学歴なしの場合、実務経験7年以上

※公益財団法人 建築技術教育普及センターHPより引用

一級建築士と二級建築士・木造建築士|どっちが向いているか

建築士の種類と受験資格については、お分かりになられたと思います。

しかしどの建築士資格を取得すればいいか分からないという人もいるのではないでしょうか。

建築士を目指す上では、ご自身に合っているかどうかが大切です。

なぜなら扱う建築物の規模が違うので、仕事内容も変わるからです。

ここでは

・一級建築士
・二級建築士・木造建築士

上記に分けて、それぞれ向いているかを解説します。

一級建築士

一級建築士は、グローバルに働きたい人に向いています。

扱う建築物の規模が大きいので、海外でも仕事をする可能性があるからです。

例えば、一級建築士には

・オリンピック競技施設
・空港
・大規模ターミナル駅

上記のような国家プロジェクトクラスの大規模建築物の設計に関わることができます。

世界を股にかけてグローバルに働きたい人は、一級建築士に向いていると言えるでしょう。

二級建築士・木造建築士

二級建築士・木造建築士は、一人ひとりのお客様と密接に関わりたい人に向いています。

主に戸建住宅程度の規模をメインに扱うからです。

確かに一級建築士のような大規模な建築物には携われません。

しかし一方で、お客様の住宅建築に深く関わることができるため

・よりお客様の顔が見える
・感謝の言葉をもらえる
・多くの人の一大イベントに関われる

上記メリットがあります。

一人ひとりのお客様の近くで仕事をされたい人は、二級建築士・木造建築士に向いていると言えるでしょう。

まとめ

以上が、「建築士になるために必要な資格と種類」「資格を取るための条件」「あなたが向いている建築士の種類」でした。

建築士には3種類あり、それぞれ携われる建築物が違います。

一級建築士が最も難易度が高いので、そこを目指すのも良いでしょう。

しかし仕事内容にも大きく影響してくるので、一概にどの資格が一番とは言い切れません。

あなたの目指すところや、向いているかどうかを見極めた上で、目指す建築士を決めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました